人気ブログランキング |
ブログトップ

竹島水族館スタッフブログ

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ドン引き

今日は午後のアシカショー担当です。

気温も上がりオタリアのラブも暑がっていて、体を触るとホットオタリアになっています。

このクソ暑いのに、ラブもよく頑張ってやってくれています。ご褒美にアイスでも買ってあげたいくらいです。



13時半のショーは、暑いけどやるぞ!っていう表情をして、しっかり動いてやりきってくれ、無事終えることが出来ました。よくやった!よーしよしよし!ほれ、ご褒美だ!

目を見開いて食べます。ご褒美たくさんイイネ。




15時のショー。明らかに、私やりたくない。動けない。あぁもうダメ。目も開けられないわ。体がぐねぐねしちゃう。って顔。

コノヤロウ。



ラブとの心理戦突入です。大好物をチラつかせながら、ギリギリを責める。褒める。ヨイショする。

心理戦に勝つと、ラブの目にメラメラとやる気が出てきて、動きもキレキレになり、魚臭い息も勢いよく吹きかけてくれます。最高ですね。しかし、心理戦に勝てないと惨敗。お互い負けなければ、動きにキレが無く、種目をやるだけマシ。腹の底から出てきたような淀んだ暖かい臭い息を吹きかけられ、ヒドければ帰宅拒否。飼育スタッフからの、「お疲れ」の一言に救われます。


今日は、お互い負けず引かずの戦い。キレが無いけど、ヤリキル。暑い中、まあまあ頑張ってくれました。今回、途中からお客さんの雰囲気がガラッと変わったのが、感じ取れました。、ショーが終わるまで原因が分からず。

終了後に判明。

ボクから見えないところで、そっとウンコをしていたのが原因でした。カワイイものじゃなくて、しっかり、どっしりと。気づいていれば話でなんとかなったけど、気づかずにそのまま進行しちゃね…。

こりゃ、たしかに雰囲気変わるわね。そりゃドン引きするわね。



不完全燃焼。
by takesuiblog | 2016-07-28 16:23 | 三ちゃん

60点

時間に余裕があったので久し振りに毎月第2、第4日曜日に開催している「バックヤードツアー」の案内に臨みました。
バックヤードツアーは毎回、朝のミーティング時に「誰が担当するか!?」をその日出勤の飼育展示スタッフがアミダクジで決めるというスリリングなイベント。
台本やマニュアルはなし、案内するルートも話す内容もそれぞれが責任を持ってやりなさい、そのかわり失敗したら怒ります。というスタッフ自由型のものです。

最近来客やら会議やらいろいろ忙しくて参戦できなかったのですが、時間が出来たのでアミダクジに参加しました。
もし当たらなくても、同じように忙しく仕事している後輩たちと替わってあげよう。オレすごくいい館長。後輩思い。好感度アップ。うふふ。と思っていたのですが、見事に午前中の部(午前と午後と2回あります)に当選。やれやれだぜ。

定員は各回20名ですが、テレビにも出てちょっと有名にもなったので「今日館長が案内?」とお客さんに聞かれてアッと言う間に参加者が集まり26人。

気合が入りましたが、結果的に言うと惨敗。自己採点大目に見て60点くらいの出来でした。お客さんの心をつかめず、終始解説にアタフタ。余裕がなかったです。いつもやってないとダメですね。久しぶりにやったもんだからダメダメでした。
案内する前の挨拶で、
「竹島水族館は初めてですか?バックヤードツアーは初めてですか?安心してください。ボクも初めてです。でもユーチューブで見て研究してきましたから大丈夫です!」
と言ったら、みなさん笑ってくれたので、おーし。この回もらった!イケル!と思ったのですが、その後続かず。尻つぼみの案内になってしもうた。

常に現場に出て動き回らないとすぐに鈍るんですね。。。反省。もっと館内にもでてもっとお客さんとも話をしたりいろんな展示・飼育作業をしたりして現場のなかでいろいろ考えたりしないと。

午後の部はタケヤマ君が案内したのですが、ボクより5倍くらい流暢に話をしていました。ちくしょう。
by takesuiblog | 2016-07-26 11:03 | こばやし館長
たけすいの飼育展示スタッフのヨロコビとカナシミと愛しさと切なさとあれとこれと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31