人気ブログランキング |
ブログトップ

竹島水族館スタッフブログ

<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あしのお話

これから、更新頻度あげていきます!
久し振りのブログです。ツカモトです。

今日のお話は、竹島水族館で大人気の「深海タッチングプール」にいます
ゴカクホシヒトデのお話です。

よく「動かないね。死んでるの?」とか
「返事がない。まるで〇〇のようだ。」って声を聞きます。

「ちゃんと生きてますよ。」と説明はするのですが
やっぱり、動かないと分からないですよ。はい。

まず、タッチピールにいる見慣れたゴカクホシがこちら
あしのお話_a0305077_17332057.jpg


置物のようですね。

そして、今日の朝やってきて
まだ状況が理解できていないようなゴカクホシがこちら
あしのお話_a0305077_17342959.jpg


う、浮いているっ?!
ヒトデの下にたくさん管みたいなものがありますよね?
これが「棘皮動物(ヒトデ、ウニ、ナマコ)」たちの足です!

この足のことを「管足」というのですが、これを使って移動をします。
そして、ビックリさせると足をひっこめます。
朝一番で来た人なら、タッチプールでもヒトデの足を見れるかもしれません。

足の先は吸盤状になっていて、壁や岩にくっつくことができるんですね~!
なのでチビッ子よ!「くっつけ~。」と足をひっこめたヒトデさんを壁に押し当ててもくっつかないのだぞ?
足が出てたとしても、無理やり押し付けるのはヒトデさんがかわいそうなので優しく触ってあげましょう。
by takesuiblog | 2016-01-29 17:45

捨て子のお知らせ・・・

竹山水産から悲しき捨て子のお知らせが2件あります・・・
館内ガチャガチャカプセル回収コーナーにビゼンクラゲストラップ君が置き去りにされていました・・・。しかも日をまたいで2匹です。なぜビゼンクラゲだけなのでしょう・・・。

ボクの考えた一番最悪な場合のシナリオ予想ですが、

チビッコ「ミズクラゲが良かったのににぃぃ!なんだよこのバナナ脚は!(ポイッ」

もしくは

カップル「あっ!タコクラゲでたよ!ほらっ!・・・あっビゼンクラゲだってぇ・・・(ポイッ」

ただ忘れただけなら仕方ないかもしれませんが、こんな感じでビゼンクラゲに対するガッカリ感があるとするならば由々しき事態!!水族館には展示されていませんが、落ちていた2匹の名誉のためにビゼンクラゲの紹介をしたいと思います!

捨て子のお知らせ・・・_a0305077_15495321.jpg


日本で食用にされている主なクラゲはビゼンクラゲ、ヒゼンクラゲ、エチゼンクラゲの「3ゼン」チーム。みなさん、ビゼンクラゲは「美味しいクラゲ」なんですよ!英語では「Edible jellyfish 」と呼ばれているそうです。Edible というのは「(毒性がないので)食べられる、食用に適する」という意味があります。エディボージェリーーフィッシュ!なかなかいい響きではありませんか??

ちなみに地方によっては「アカクラゲ」と呼ばれています!「ガチャでアカクラゲが欲しかったー!」という方も安心してください。彼もある意味アカクラゲです(笑)

さらにスゴイ話があります。ビゼンクラゲかはわかりませんが、岡山県の備前で獲れたクラゲは朝廷や幕府に献上されていたという記録もあると言われているんです!根拠はないけど、これはきっとビゼンクラゲに違いない!だってエディボーなジェリーフィッシュですからねっっ。

・・・はぁはぁ。久しぶりにたくさんタイピングしたので手が疲れました^^;ビゼンクラゲいかがなものでしょうか?少しでもビゼンクラゲ君の良さが伝わって、ガチャに入っているクラゲがどれもハズレじゃないと思っていただければ今回の記事は大成功です!さぁ新しい気持ちでクラゲガチャを回しましょう!(最後にちゃっかり宣伝していきます037.gif
by takesuiblog | 2016-01-21 16:28

今年一番!アジの調餌

塚本ファンのみなさんごめんなさい。今年初のブログ更新はタケヤマでした~。今年もよろしくお願いします!!

今日のネタは「アジの調餌(ご飯の準備)」でございます!今年初でやることか?と思ったのですが、普段している作業シリーズってブログネタに出て来なかったので・・・。思い立ったが吉日ですよ(笑)ここからは某3分クッキングのBGMを脳内再生しながら読んでくれると心なしか盛り上がれるはずです

今年一番!アジの調餌_a0305077_17233396.jpg


まずはこんな感じでアジを取り分けます。冷凍のアジを使っているのでキンキンに冷えていますよ。

ーーーー1時間後ーーーー

常温で1時間解凍しました!アジをそのままの形で水槽に放り込むと大きすぎて食べられないお魚がいるのでみんなが食べられるサイズに切っていきます。

今年一番!アジの調餌_a0305077_1634850.jpg

ダダダダダ!とぶつ切りです。実習生も一緒に参加していたのでいつもの5倍リズミカルに切りましたよ~!
「ぬははは!我が包丁捌きを見よぉぉ」と調子に乗っていたら滑ってアジが遥か彼方へ飛んでいきました。

今年一番!アジの調餌_a0305077_1671864.jpg

骨が気になって食べれないワガママなお魚には三枚おろし!でも水族館の魚はみんな貪欲素直なので基本はぶつ切りを食べています。このまま衣をつけて揚げたいところですが、我慢

今年一番!アジの調餌_a0305077_17313876.jpg

アジとの決死の闘いの末、30分くらいで約10キロのアジを切ることができました!これで2日分です。
かなり簡単に作業風景をつづりましたが結構大変です。なにが大変ってアジの棘が刺さる刺さる・・・。どこの水族館でもアジの棘の痛ましい話を聞くので、これはきっと水族館飼育員の宿命だと思います。痛いですが魚が喜んで食べてくれればそれでいいです!(残したら許さん)

今日紹介した愛情たっぷりのアジは明日の朝あげる予定です!朝早くこれそうな方いらっしゃいましたら、上手く切れてるか判定お願いします!!
by takesuiblog | 2016-01-05 17:45
たけすいの飼育展示スタッフのヨロコビとカナシミと愛しさと切なさとあれとこれと