人気ブログランキング |
ブログトップ

竹島水族館スタッフブログ

<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

水槽紹介②

水槽紹介の第2回目、今回も「まったりうむ」にある水槽から紹介します!

「まったりうむ」の部屋で1位、2位を争う人気水槽がコチラ。

水槽紹介②_a0305077_12092974.jpg

この水槽に入っているのは「金魚」で品種は「水泡眼(スイホウガン)」といいます。
金魚っつうのは、もともとフナに変な色のやつが現れてそれに偶然目を付けた中国のおっさん(根拠はないけどたぶんオッサンだと思う)がシェイシェイおよびニーハオなどと言いながら繁殖させてどんどんエスカレートして今のような様々な金魚が表れたという目覚ましい歴史的背景を持っています。
つまりフナの改良型の魚ので、原則自然の川や海にすむ生き物しか展示しないという暗黙のゆるいルールを持っている水族館では展示は少ないです。金魚はもともと自然の川とかにいる魚ではないので。

たけすいでも「まったりうむ」という特別な癒しゾーンにだけ金魚は住んでおり、普通の常設展示水槽にはいません。
でも人気なんです。

水槽紹介②_a0305077_12101106.jpg

まったりうむにいるスイホウガンは、まったりうむオープン当初から、この子には絶対癒されるしお客さん食いつくよね!とトダテ君と約15秒ほどの展示生物選定会議を開きチョイスされた金魚で、予想通りの反響と人気を得ています。
展示当初はボクが仕入れてきて担当していましたが、現在はトダテ君にバトンタッチして可愛がられています。

彼らの特徴は何と言っても目のプルプル袋で、その名の通り「水泡眼」でござる。
なんでこんなふうになったのかは中国人に聞かないとわかりませんが、この水泡をプルプル言わせて毎日泳いでいます。というか、明らかに本人(本魚)も「この水泡、ジャマだ…」と思っているようで迷惑そうに泳いでいる感たっぷりです。



この水泡の中には何がどう入っているのですか?とよく聞かれます。何だと思いますか???

水槽紹介②_a0305077_12103053.jpg

以前、あーしの人生バイトとカレシとケータイがすべて、というオーラを全身から放出しているようなギャルのチャンネェに「ねぇ、これ何が入っとるぅ?」と聞かれたことがあり私は「希望が入っています」と言ったら、ネェチャンにドン引きされて日本国の未来に一抹の不安を覚えた経験があります。

以前、可愛げな小さなチビッコに「何が入っているのですか?」と聞かれ「この中には夢と希望が入っているよ」と答えたらその子は困った顔をしてお母さんのもとへ駆け寄っていかれた経験もあり、私はそのまま七輪を買って練炭自殺しようと考えたこともありました。


この水泡の中にはリンパ液が入っています。ナンパ液でもコンパ液でもなくリンパ液です。つまり体液です。
ときどきどこかにぶつけたりして水泡がつぶれてしぼんでしまうことがあるのですが(このときトダテ氏はやりきれない思いいと激怒で怒り狂う)しばらくすると再生します。しかし、しぼむ前よりも水泡の大きさが小さくなってしまいます。そのため、この水槽には角の角ばった石や障害物はなるべくないようにレイアウトされています。金魚なので似合いそうなスダレを水槽裏の壁の背景にしたりもしています。


現在のところの問題は、午前中は一生懸命泳ぎ回っており注目を集め人気なのですが、昼過ぎから疲れてしまうのか水底でダラシナク静止して動かなくなることで、トダテ氏(この問題にいちばん頭を抱えている)による早急な改善が求められます。

さてさて、では次回はまったりうむを飛び出して常設の水槽を紹介します~。お楽しみに~。






by takesuiblog | 2014-10-25 12:12 | こばやし館長

脱力系フグの巻

明日、明後日は三谷祭ですね。
屋台では、チョコバナナとチュロスは外せないですよね?
こんにちわ。塚ちゃんです♪

今日は遠足の子たちがいっぱい来てくれてます!
子どもたちは元気いっぱいで
アシカショー中の「わぁーー!」という声が聞こえてきます。
館内も、子どもたちで大賑わいです♪

さて、子どもたちは元気いっぱいでなのですが
展示水槽には「やる気あるの?元気?」と思わず聞いてしまいたくなる子(魚)がいます。
脱力系フグの巻_a0305077_13391441.jpg
この子(魚)です。
コーラル水槽(チンアナゴ水槽の隣の隣)にいる「コクテンフグ」という魚です。
ご覧のとおり、ものすごくやる気が無さそうに
自慢のお腹をくい込まして休んでおります。
口の開き具合も、なんとも言えないですね、、、かわいいです(笑)

フグって、魚の中でも人気があります。
ハリセンボンはチビッコに大人気です。
しかし!
この子を実際に見てみれば、きっとハリセンボンよりも好きになると思いますよ?

最後に水槽内でタソガレている写真も。
脱力系フグの巻_a0305077_13384261.jpg

by takesuiblog | 2014-10-24 13:49

お宝発見!part2

こんにちわ!
髪を切りさっぱりな塚ちゃんです。

今日は先週に続き、浜松の専門学生さんたちが来ているのですが
その中にアルバイターの竹山くんの姿も!
かわいい後輩たちに色々教えている様子です。

僕も何人かの子とお話をさせてもらいました。
まだまだ力不足ですが、たくさんの質問をしてくれたので
できる限りアドバイスさせてもらいました。

学生は、現場の人から話を聞いて学ぶことがたくさんありますが
意外と学生から僕らが学ぶこともたくさんあるんです。
僕としてもいい経験になります。
忘れてましたが、去年まで僕学生だったんですよ?(笑)

学生さんの中には、タケスイのブログを読んでくれている子もいるとのこと。
うれしいですね!

さて、タケスイで人気のタッチプールは
もーすぐ、11月始めごろに深海生物との入れ替えです。

そんなタッチプールで今回「お宝」を見つけちゃいました!
それがこれです、、、、
お宝発見!part2_a0305077_14321906.jpg
これ、何かわかりますか?
実はですね、、、「ネコザメ」の歯なんです。
この歯を使って、貝などをすり潰して食べます。

「これネックレスとかにしたら?w」という案を三田さんから頂きました。
ネコザメの歯のネックレスを身につけるって考えるとニヤニヤしますね(笑)
ただ、個数が少ないのでまだかな?
歯を抜くわけにはいかないので、今回みたいに
落ちてたということがあればできるかもしれないですね。

ネコザメさんたちを触れるのは、あと少しでお終いですので
まだ触ってないという方は是非タケスイに来て下さいね!

では、そろそろこの辺で。

by takesuiblog | 2014-10-16 14:43

水槽紹介

終盤まで書いたのにすべて消えてしまい、そのままパソコンをコンセントから引きちぎって奇声とともに窓からぶん投げようと思ったコバッチです。ご機嫌いかがですか?ボクはものすごく不機嫌です。この感情をこれからの文章に込めて一生懸命またキーボードをたたこうと思います。

さて、最近塚もっちゃんばかりが淡々と平和にブログをアップしていたので申し訳ないなぁと思い、優しくてエラいボクはもっといろいろ書かないといかんなぁと思ってペンをとった次第です。

で、水槽紹介を連載でやっていこうかと思っています。ただ思っているだけなので途中で投げ出したり、お腹がへったり、くじけたり、オーハラあたりがなにか問題を起こしたりして続かない可能性もありますので、見守っていてください。

で、記念すべき1回目の紹介水槽は「まったりうむ」ゾーンにある「サンゴの水槽」でごわす!

水槽紹介_a0305077_10295982.jpg
この水槽はたけすいのどんな水槽よりも飼育維持難易度の高いスーパー水槽でっせ。「ミドリイシ」っつぅTHEサンゴ!!的な本物の生きたトゲトゲなサンゴが展示されておるばってん、かなりキレイだもんで目を引く水槽だぞん。
コーフンして様々な方言が入り乱れるレベルの水槽です。
水槽紹介_a0305077_10335491.jpg

サンゴは目も鼻もない泳ぐこともない静かなる生物ですが、ちょっとした環境の変化や水質の悪化など条件が悪いといとも簡単に「あっ、ワタシもぉダメ…」などといって瞬時に輝きを失い、しずかに真っ白になって死んでしまいます。繊細で油断ならぬ生き物なのです。
全国の水族館でこのサンゴの飼育展示されている水族館は「なかなかやるな」という水族館であるとみなせる一つのバロメーターとなります。
水槽紹介_a0305077_10341696.jpg

この水槽で我々がやっていることは
①母なる海のような適度なうねりを水槽中に作り出すこと(水中ポンプが日夜働いています)
②太陽光に匹敵する光のライト(サンゴは光がないと死んでしまいます)
③サンゴにとって必要なカルシウムの供給(マニアックな特殊器具を設置してます)
④閉館後、3日に1回の水替え(メンドクサイ)
⑤気合いと熱意と愛情

でごわす。

①の水槽の中の水流はプロペラ式のポンプを1台使ってます。
②ライトはボクが(自腹で)大阪まで行って、実際に見て使用水槽も見学させてもらって選んできたKR93SPという新型ロケットのような名前の最高級LEDライトを採用しています。このライトによる水槽維持の貢献度はすさまじく高いです。
③サンゴはカルシウムと維持費用がエサのようなものなので、一般の方が普通に正しく生活していればまず出会うことないであろう「カルシウムリアクター」というマニアックな特殊装置を使用しています。これは業者さんをハベらかして奪ってきたもので、返してくださいといわれても絶対返さないシロモノです。
④は水替えをサボると簡単に死ぬことが過去の経験から判明しているのでどんなに忙しくても早く帰りたくても骨折しても、水替えだけはしっかりやっています。
⑤は当然。

水槽紹介_a0305077_10333738.jpg

この水槽、まったりうむの一番初めの方にドカン!と設置しているので、イスに座って幽体離脱的に放心状態で長い時間見つめているお客さんも多くいます。なかなかの自慢の水槽です。
けっこう調子がいいので、そっくりそのまま「キラキラたけすいリーフ」のほうへ昇格移設しようかと現在検討しています。

水槽データ
水槽:90×45×45
照明:KR93SP、グラシィレディオ
サンプ:60×45×45(濾材なし)
水流ポンプ(コラリア)1台
カルシウムリアクター1台
プロテインスキマー1台
水温維持クーラー1台
換水:3日に1回3分の1
水温:24℃



by takesuiblog | 2014-10-11 11:03 | こばやし館長

焦る3人のアルバイター

こんにちわ!
今回は塚ちゃんが更新します。
他の方にも更新してもらわないといけないですね。

さて、台風が近づいているので
みなさん対策をしてくださいね!

僕がアメリカに住んでいた時の話です。
もう数十年ぐらい来てないというハリケーンがやってきました。
しかし、完全なハリケーンではなく一歩手前ぐらいの突風です。

ちょうどお昼ごろ
部屋で友達と遊んでいると、だんだんと外が暗くなり
真夜中のように真っ暗になりました。
「そろそろ地下に逃げなきゃね~」と軽い気持ちで
トランプを片付け部屋を出た瞬間に
「ドォォォォォォンッッッ!!」と雷とは言えないスゴイ音がしました。

家は停電し、危険を感じ走って地下へ逃げようと思った。。。その時!
リビングの屋根が崩れ落ちてきました~♪
そう、突風で木が倒れてきたんですねぇ~。
その後の詳しい話は個人的に聞きに来てくださいね。
せっかくなので、写真もお見せできればと思います(笑)

。。。さて!!
新人君たちは毎日が勉強なのですが
今日もコバヤシさん、トダテさんから宿題が出ております。
なかなか答えが見つかりません。
今日中に答えが見つからなかった人はコバヤシさんから
愛の「タイキック」が飛んでくるそうなので必死なのです。

前振りの方が長くなっちゃいましたが、必死な塚ちゃんも
そろそろ勉強に戻ります!

by takesuiblog | 2014-10-04 14:28
たけすいの飼育展示スタッフのヨロコビとカナシミと愛しさと切なさとあれとこれと