人気ブログランキング |
ブログトップ

竹島水族館スタッフブログ

<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

午後は事務仕事です。

どうも、長靴の中がムレムレになってきたサンちゃんです。


一気に気温が高くなりすぎじゃないですか?蚊も一気に発生して刺されるんですけど!指の関節とか、指の間とかやめていただきたい。トダテさんが、なにやら蚊撃退法をしっているらしいので、期待です。




さてさて、本日の現場は少人数で回しているため、午後は事務所で事務仕事のボクです。別にサボっていませんよ。









事務仕事の裏では、2人が某大学生徒さんたちの磯の観察とバックヤードの案内をして、さらにはもう2人は市内の小学校に出張授業(毎年恒例の環境チャレンジ)というわけです。












この事務仕事の間に、アイとラブの飼育日誌を読み返していました。アイはほとんど変わらず、良好で季節・天候によってやる気なし、ラブはうまく出来るようになったり、急にやらなくなったり、部屋に帰るのも嫌になったりと波がありますね。



先日もコバッチから「部屋に帰らんっ」と言われたのですが、意外と早くちゃんと帰るようになりました。




なぜ、コバッチの時に帰らないのだろう。メガネをかけていないからではないかしら。それかパーマか!



もしかして、コバッチとはもっとたくさん遊びたくて、ボクの時は「はいはい、終わりね~。遊ぶのもういいやぁ。」
ってことでしょうか?













言葉が伝わればいいのになぁ~なんて思うのですが、言葉が伝わるのに分からない・伝わらないこともありますもんね。難しい。








まぁ、そんなことを考えながら読み返していました。










バックヤードの案内がそろそろ終わりかな?本日最終のアシカショーです。日差しが夏と変わらないので暑いです。




アイスが食べたい。
by takesuiblog | 2014-05-30 14:50 | 三ちゃん

深海生物図鑑

図鑑エントリーNo.6 ミツクリエナガチョウチンアンコウ

深海生物図鑑_a0305077_13565418.jpg

タイトルにナンバーを振ると分かりずらいのでやめました。毛のある動物が苦手、トダテです。

昨日の夜はきっと今年はそろそろ終わりだと思いますが、漁師さんのお呼び出しで漁港へ行ってまいりました。
でっけ~タカアシガニをもらいに行ったのですが、なんとミツクリなんちゃらチョウチンアンコウ(長いので以下ミツクリさん)
も一緒にいただきました。

もらった時はかろうじて生きていたのですが、残念ながら今朝には亡くなっておりました。

ミツクリさんは普段漁師さんが網を入れている水深でとれることはめったになく、普通は大体500~1200m位に住んでいる、皆さんが想像する理想的な深海魚です。

担当一言:生きた姿で皆さんに見ていただきたかった!!

by takesuiblog | 2014-05-26 13:57 | トダテ副館長

失敗もあるもんだ。

最近、オオグソクムシの試食会というものを耳にするんですよね。唐揚げにするとか。まぁ、唐揚げにすれば食べれるという事なんでしょうけど、ぼくは唐揚げはやらない派。オオグソクムシの試食は元祖だと勝手に思っています、さんちゃんです。






ただの鶏の唐揚げが大好きですが、カリカリ衣だと尚良し。今日のご飯は唐揚げにしようかな。






でも、こんなに暑い日は冷やしラーメンが食べたくなります。ラーメン大好きです。半熟卵が入っていると尚良し。やっぱりラーメンにしようかなぁ。



ラーメン・唐揚げセットは最強です。












今日も先週と同じように移動動物園がやって来てくれました。写真……ありませ~ん、ごめんなさ~い。






気温も高くて、暑かったんですけど、みなさん開始時間前には並んで待ってくれていたので、賑わっていました。来てくれたのがヒツジだったのですけど、どうしてもヤギって言っちゃうんですよね。鳴き声って一緒?メェ~?モォ~?ワン?ニャー?もうちょっとヤギ・ヒツジについて勉強しなきゃ。


参加してくれた人たち、特にチビッコはみんな笑顔で楽しそうでした。何人かのチビッコは大泣きしてましたが
やっぱり毛が生えた動物は触れ合っていて楽しいんですよね。僕も通りかかる時に何回かヒツジたちと触れ合って楽しみました。


アシカとは、また違う感じで新鮮。







さて、最後に何書こうかと考えていたんですけど…




いま、





頑張って手書きの解説を作っていたオオハラ君が最後の仕上げで失敗して落ち込んで帰って行ったので、僕も帰ろうと思うのです。
手書き解説って、温かみがあって作った人の性格なども出てて面白いんですけど、仕上げで失敗するとショックなんですよね。


これも書いているうちに、失敗もしなくなります。経験ですね。





タマリ画伯なんて、失敗してるのみないですしね。さすが。


























「こういうことを、水の泡って言うんだよなぁ」


























ボソッと、つぶやいて帰っていきました。






おつかれさん。





(さんちゃん)
by takesuiblog | 2014-05-18 19:09 | 三ちゃん

楽しくなり過ぎです。

プール付き物件の家に住んでいるアシカたち。

人間の家だったら、何千万円の物件でしょう。



しかし、アシカたちはタダ。そのかわりに、1日5回スゴ技を披露する交換条件。

それさえやれば、

・プールは入りたい放題(汚れたら水交換有)

・1日5回のスゴ技をしながら、広いプールで泳ぐこと可能(ご飯とおやつ付き)

・ただ、二足歩行で歩く生き物に部屋を覗かれる(たまに、面白い人が来るから楽しい)

・ウンkをすれば、掃除係が片付け

深さも程よくあり、暇になって来たら、プールからあがり、好きな時に昼寝OK


いい物件です。

そんな物件のプールに何かが詰まり、水の循環がうまくいかなくなったので、水を抜いて復旧作業しました。



この作業、ラブには楽しかったようで、水深が浅くなって中に入って作業をしているところへ、お腹からダイブ。ダイブ。ダイブ。


水深が浅くなっているところは、ラブのウンkが溜っています。

ラブが飛び込む → ウンk入り海水が飛び跳ねる → かかる →長靴の中もビショビショ



ちょっと楽しくなり過ぎじゃない?お腹からいかなくてもよくない?長靴の中…くさい…




膝から下がくさいんです。


今日のブログは、さんちゃんの嘆きでした。 





(さんちゃん)
by takesuiblog | 2014-05-16 19:01 | 三ちゃん

深海生物図鑑4

図鑑エントリーNo.5 ミズヒキガニ

深海生物図鑑4_a0305077_12522756.jpg
脚がすさまじく細く、スーパーモデルも裸足で逃げ出す美脚をもつ深海ガニ。
普段たけすいに来る深海生物は底曳き網でまとめてがっさり網に入ってやってくるので、足がきれいに残っているのは奇跡です。体も小さいので、ほかの生き物たちに潰されてしまうこともあります。

水深300mまでの深海で暮らしていますが、たまに浅いところでも見かけるようです。深海生物も生きているので、たまには気分転換でお散歩とか、なんか流されてみたりとか色々しているようです。

担当一言:これを見つけて持ってくる漁師さんが神!!



by takesuiblog | 2014-05-10 12:59 | トダテ副館長

GWはどうでしたか。

アシカでも人間でもコミュニケーションと笑顔って必要だなぁ大切だなぁと改めて思う、ぼく三ちゃんです。



終わりましたね、GW。今日は昨日ほどではないですが、たくさんの来館者がありリピーターの方もチラホラといました。
今日も、タッチプール番をしていたのですが、よく見るのが「カニだ、怖ーい」「ダンゴムシみたいなやつ、気持ち悪い、触りたくない」なんて言っている方がいるのですが、ダンゴ虫みたいなやつ=オオグソクムシ、これはたしかに気持ち悪いです。

でも、アシカを見ると「カワイイ~、触りたい」の声をよく聞きます。アシカを気持ち悪いなんて言っているのは聞かないですが、怖くないんでしょうか。

体中茶色の毛だらけ、口の周りからは長いヒゲ、足は平たい、息は魚臭い、キバがあり頭がいい。人間には当てはまらないですね。人が頭から足先まで毛で覆われてたら気持ち悪いです。



アイは、誰でも触れるように小さい時から練習してきたのでトレーナーが一緒の時は大丈夫、ラブはやっと手すり越しに触れるようになったところですが、まだまだアイには遠く及びません。

結構、躊躇なく触る方が多いのですが、見た目が犬っぽいから?犬だったら、一緒にいる飼い主さんに聞いてからがベストですね。アシカもそうなんですが、アイの場合は例外特例でいつでも触れますね。

アイちゃん、9歳。人間なら30代半ば、おさわりOKです。

注:人間のお姉さんは、おさわり禁止です。聞いても、たぶんダメですよ。



ラブも、誰もが触れるようになるとイイんですけどねぇ~


地道に練習中です。






そんなことをタッチプール番をしながら考えていたのですが、その時に聞こえてきたのがアシカの鳴き声。見に行くとアイが怒って吠えています。横の部屋にはラブ。
この状況は、また、ラブが部屋に帰るのを嫌がり、仕方なくアイの横部屋に入ることになったのでしょう。コバッチは困っていました。そしてボクも困ってしまいました。

なんでしょうね。



最後、夕方に部屋に戻すときも何回か嫌がりましたけど、何とか帰ってくれました。


誰か、ドラ〇もんの、ほんやくこんにゃく作ってくれないですか。ほんやくアジでもいいです。ほんやくイカでもいいです、文句は言いません。

GWはどうでしたか。_a0305077_18233048.jpg



GWも終わり、水族館も落ち着きが戻ってきます。

後輩たちよ~ブログ書いてくださいよ~。



by takesuiblog | 2014-05-06 18:34 | 三ちゃん

入場規制がかかるくらいでした。

ラブちゃん、今日は素直でした。


練習も最後は素直に帰り、ショーの時も躊躇することなく帰ってくれました。イイ子でちゅねぇ、エライでちゅねぇ。


そして、今日はGWで雨だったため、ものスゴイ数のお客さんが来てくれたので、お昼に臨時でアシカショーを行いました。


館内はたくさんのお客さんで溢れかえり、ショー観覧席は満席。1時間前から場所取りをする人もいるくらいですが、たけすいのアシカショーは基本全席立ち見なので、ショー直前に立っていただきました。もっと席が広くなればねぇ…



入口では常にお客さんが入ってくる状態。チケット売り場では行列ができて、外の売店の端まで並んでいました。しばらくは、入場制限がかかり、待って頂いた方々にはご迷惑をおかけしました。


なぜか、どこからかの噂で「水族館は2時間待ち」という間違った情報が流れていたそうです。



臨時でショーをするくらい、噂が流れるくらい入館者が多かった一日。たけすいスタッフもほぼ一日館内にいて、タッチプールの人・受付の人・売店の人になっていました。





ラブには、臨時アシカショーがイイ刺激になったのか、夕方最後の練習は、すこぶる良かった。すこぶるイイ子でちゅねぇ。ラブちゃん、足が飛んでいくんじゃないかと思うくらいの勢いで拍手してました。




これが明日も続くといいんですけど…きっと無理ですよねぇ…





明日、GW最後の日です。頑張ります。



(さんちゃん)
by takesuiblog | 2014-05-05 18:39 | 三ちゃん

ラブ、帰らず。 (コバッチ主任)

オタリアのラブが部屋に帰らない。

今までは普通に帰っていたのに突然、かたくなに帰らなくなった。

帰らない現象をまとめて発表すると、

①ショーの後は帰る。
②トレーニング後は絶対帰らない。
③三ちゃんが相手の時は帰るけど、コバッチ主任の時は帰らない。
④無理に帰そうとすると激しく嫌がる。
⑤これをまとめると、コバッチの時だけトレーニング後は絶対帰らない。
⑥言うことを聞かないのでムカつく。

以上です。

なぜ三ちゃんだと素直に帰ってボクのときは帰らないのか。なぜショーの後は素直に帰るのかは不明です。

部屋に帰らないと、後に詰まった他の作業や仕事がどんどん遅れて1日の仕事の予定が丸つぶれです。

コバ:「ねぇ、早く帰りなさいよ」

ラブ:「やだ!帰りたくないもん!」

コバ:「他の仕事があるんだよ、頼むよ」

ラブ:「やだ!帰りたくないもん!」

ショーステージでいつも、ずっとこんな感じ。

しかたがないのでショーステージに放置して帰ろうとすると、目の色を変えて駆け寄ってきて「だめ~!!帰っちゃダメ~!!」っとボクの足にまとわりついてきます。


コバ:「ダメだって!もぉ行かなきゃ!」

ラブ:「いや!一緒にいたいの!」

コバ:「許してくれよ、行かなきゃいけないんだ」

ラブ:「イヤよ!離さないんだからッ!」

コバ:「わかってくれよ、帰る場所があるんだ…」

ラブ:「アナタがいないとダメなの、ねぇ、わたしアナタがいないとダメなの!」

コバ:「帰らなきゃ、時間だし、怒られてしまうよ…」

ラブ:「ダメ!アナタと一緒じゃなきゃワタシ生きられない!」

コバ:「わかってくれよ…」

ラブ:「あと5分だけ!5分だけこうしていさせて…」

コバ:「しかたがないなぁ、かわいいやつだ…、オレだって愛してるんだぜ…」

2人は時を忘れて抱きしめあったのでした。。。

って、なんだか不倫ドラマ化してしまうのですが、実際はそんなに甘くはなくて、

「素直に帰れ~ばかちんが~!!」

とかいって、頃合いを見てショーステージに放置します。
放置するとそこらのショー道具でいたずらをしたり勝手に自分でドアを開けてエサを盗んだりするので、道具はすべてしまって、ドアも鍵をかけます。

ショープールで一人で暴れているラブを見たら、「部屋にかえれ!ばかちんがぁ~!」と言ってあげてください。

ラブ、帰らず。 (コバッチ主任)_a0305077_14343155.jpg



























(BY こばやし主任)



by takesuiblog | 2014-05-02 14:35 | こばやし館長
たけすいの飼育展示スタッフのヨロコビとカナシミと愛しさと切なさとあれとこれと