人気ブログランキング |
ブログトップ

竹島水族館スタッフブログ

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

主任のぼやき

新戦力として加わった飼育員アルバイトのオーハラ君が「できるやつ」なので、ボクが担当していた「熱帯淡水魚と日本淡水魚」をほぼそっくりそのまま全部引き渡して任せることにした。

「本気になったらオーハラ」と世間で言われるように彼は毎日頑張って水を換えたり、エサをあげたり、館内にかわいいギャルがいたら報告しに来たり、川で洗濯したり、山で芝刈りしたりしている。いや、そんなことはしていない。

おかげでボクの担当はアシカと最近新しくできた「キラキラたけすいリーフ」だけになりました。「キラキラ~」はエサやり5分だし、水換えも簡単にできる構造なのでアシカショーがほぼメイン。その他の時間はもてあましてしまう「職場内失業者」というのだろうか、ムナシイ状況になった。おれ、まだやれるのに。。。


しかたがないので、毎日歩き回り、後輩たちの指導を新たな人生の目標と生涯設計および生きがいにくわだてた。しかし私にとって生きがいでも、これは間違ったことをすると後輩たちにとっては「毎日うるせぇコバーシ主任」になってしまいそうで、少々恐怖にオビエテいる。

時間的ヨユーができたので、全体がよく見渡せて、誰か困っている人はいないか、助けを求めている人はいないか、お腹を空かせた後輩はいないか、などのアンパンマン的精神でフラフラしている。時間があるのでこうしてブログも書ける。なんだかフクザツな気持ちなのだよ。なんだか無意味にムラムラして軽はずみで犯罪を起こしてしまったりしないように気を引き締めている。


思えばこのブログは、その昔はワードで下書きしたものを紙に印刷して上司に見てもらい、修正をした後に投稿UPしていた。
お客さんに読んでもらうために書いたものを、なぜまっさきにまずコノヤロに見せなければいかんのか、と私はこのシステムが正直、気に食わなかった。
入社してすぐだったし、毎日の全ての仕事がキラキラ輝いていて、やる気に満ちて毎日手足を不必要に振り回して働いていたので、書きたいネタはいっぱいあった。
「変なことが起きて問題や迷惑が起きないように」
というハイリョだったのは今になればよくわかる。
少しエラくなったので、ボクはこの仕組みをやめてしまった。みんな常識の範囲内で好きなようにノビノビと喜びや悲しみや切なさや恋心を綴りなさい、という仕組みにして、アップされた直後にそれを読んで問題が起きないかを見るようにした。

なーのーにー、みんななんでもっと投稿しないのだ!もっといろいろ書いて楽しませてほしいよねぇ?
ヒマなオジサンはこれからヒンパンにこのブログに日々の行動を書いていこうと思います。お楽しみに。誰も楽しみにしてないですか。

by takesuiblog | 2014-03-29 11:14 | こばやし館長

ヒトデ大漁

さっき書いたのにパソコンがフリーズしたので書き直します。コバッチ主任です。

さてさて、最近深夜のスクランブルコールでよく港に行ってます。
電話の相手は凄腕スーパー漁師さん。貴重な生き物が採れた時は、船が港に帰ってくる夜に電話をしてくれます。
キレイなお姉さんが「来てぇ~ん、うっふぅ~ん010.gif」とか言って電話をくれればうれしいのですが、
「おぅ、10時半だ、来てくれ021.gif」っと、漁師さんからいつも電話が来ます。


今回は、前回、受け取りに行ったときに1匹だけ船内に落ちていたオレンジ色の鮮やかなヒトデがいて

『なにコレ!いいじゃん!これは珍しいよ!コレが欲しい!』

っと、頼んでおいたヒトデが採れたという連絡を受けて、夜にトラックで港へ。
手がいっぱいあるヒトデ。名付けてシンカイウデウデヒトデ(←本名じゃないよ)

ヒトデ大漁_a0305077_12414906.jpg
                              

『は?こんなのが欲しいの?』と、漁師さん。

いままで水族館でもあまり見たことなかったヒトデだったので、
『そうそう、コレ。見たことないもの。激アツのヒトデだね!』
っと言うと、

『マジで?じゃぁ採ってくるわ!ふ~ん。コレねぇ。』

っと、漁師さんたちはお互い顔を見合わせて意味深にニヤついていました。


で、昨日の夜。
電話をもらって港へ。船の中には…

ヒトデ大漁_a0305077_16122291.jpg
                                    

注文したヒトデ。

…いや、こんなにいらないっすけど008.gif

『激アツ激珍ヒトデだぞ♪』
『いっぱい採ってきたから全部持っていってね!』
『まぁ、こんなにいらんのは知っとるけどね。』

っと、無言でタライの中のヒトデを見つめるボクに漁師さんは嬉しそう。
タライの中ではひしめきあったヒトデが長くてたくさんある腕なのか手なのかを楽しげに宇宙生物的意味不明にウネウネさせています。

激アツの深海珍ヒトデだと思ったのに、、、めちゃくちゃ海の底にはいるんっすね。。。全然貴重じゃないぢゃん。。。
調べてみると、本名は「カンムリヒトデ」といい、深海ではメジャーな採れすぎて困るやっかいヒトデだそうで。。。
たくさん採れすぎるから、逆にジャマなので食べれないし、ゴミとして船上からそのまままた海へ返されてしまうらしい。
いつも港で待っている我々には目にする機会がなかっただけらしい。

まぁ、頼んだものはしかたがあるまい。無言で水槽に移して、無言で水族館に帰ってきました。

いや、あのねぇ、ホントにこんなにいらん。。。
10匹ぐらいで良かったのに…

7匹展示しました。
あと73匹くらいは展示裏の水槽で蓄養します。


竹島水族館の4択問題に答えて「たけしまにあ」を目指そう!
高得点者には認定証と素敵な景品をプレゼント!
得点結果はペンネームにてHPでランキング化発表します!

『竹島水族館 たけしまにあ検定』

参加者・挑戦者募集中!!
ご案内・詳細ページ 
http://www.city.gamagori.lg.jp/site/takesui/takeshimania.html

(By コバッチ主任)





by takesuiblog | 2014-03-27 16:39 | こばやし館長

リニューアルしたよ♪

泣く子も黙る、静かなギャルも騒ぐ、スーパーのおばさんも走る、畑のオババも興奮する、竹島水族館のリニューアル!ついにオープンしました!!

今回のリニューアルは、「さわりんぷーる」(平成22年)、「まったりうむ」(平成24年)に続く第3期リニューアルで、目玉の水槽は「サンゴの2段水槽」。新名称は「キラキラたけすいリーフ」です。

窓際父ちゃんも窓を突き破る、寝たきりおじいちゃんも起き上がる(もぉいいか)、今回のたけすいリーフ水槽は、モッサモサのサンゴがユラユラきらめきながら揺れる水槽。
高照度LEDライト搭載!ライトは4台、1台がボクの給料より高いという、思わず取り外してどこかに売ってしまいたくなるフルスペックでサンゴは笑顔で揺れて皆さんをお迎えしています♪ 癒され度は高レベル!気になるあの子を落とすのにもうってつけの水槽です。

その他、リニューアルや新リリースはいっぱいあって、


その他1)「まったりうむ」にテーブル水槽が登場!

リニューアルしたよ♪_a0305077_10474653.jpg

上から見れるテーブル水槽「バーズアイ」が登場!かわいいピンポンパール金魚が楽しく泳いでいます。

 

その他2)入口看板更新!

三ちゃん画伯の力作!芸術的です。

リニューアルしたよ♪_a0305077_10481471.jpg

 

その他3)顔出しパネル設置!

リニューアルしたよ♪_a0305077_10492576.jpg

アシカショー観覧席裏に顔出しパネルを設置しました!タマリ画伯の絵と桑山工房とトダテ棟梁の組み立てでお客さんからの要望が実現!

 

その他4)貴重標本コレクション!

リニューアルしたよ♪_a0305077_10521250.jpg

まったりうむオープン時にコバッチ主任によって抹殺ほうむりさられたエビカニ標本が復活!桑山工房とトダテさんにより、バラバラになった標本が復元され、貴重深海甲殻類を中心に復活しました!

 

その他5)手書きパネル続々!

リニューアルしたよ♪_a0305077_1054937.jpg

人気のこぼれ話満載の担当飼育員の手書き解説板があちこちに増設!今回は特に淡水コーナーでオーハラ君が書きまくって掲示してくれました!

 

その他6)アシカ・オタリア情報も満載!

リニューアルしたよ♪_a0305077_10553530.jpg

ショーで活躍中のアイちゃん、ラブちゃんの情報も盛りだくさん!楽しい秘密がいっぱい書いてあります!

 

っというわけで、どんどん面白くなっていきますのでぜひ遊びに来て下さいね!!!
スタッフ一同、お待ちしています!気軽に話しかけてくださいね♪

 

 


by takesuiblog | 2014-03-17 11:11 | こばやし館長

とぼねスカイランド!?

先日、長年使ってきたコードリール(延長コードの長いやつ)が使えなくなってしまい、「新しいのを買わんといかんなぁ・・・。」と思っていたのですが、「そういえば倉庫の奥のほうにあったかも!」と思いだし、さっそく探してみることに。

足の踏み場もないようなところまで分け入って、ようやく倉庫の一番奥の棚のすみに袋にくるまれた、それらしい箱を発見!

「やっぱりあったゼイ!」と喜びました。

まあ、ここまでなら“たけすい”でよくある(?)話なのですが、箱を開けてびっくり!
ほぼ新品のコードリールの横側に

「とぼねスカイランド」

と書かれているではないですか!

「とぼねスカイランド」とは、今ではほぼ伝説のようになってしまったレジャー施設で、蒲郡の北側の遠望峰山(とぼねやま)という山にあり、

人工のスキー場もあった ところです!

残念ながら十数年前に営業を中止したのですが、当時は水族館を運営していた団体が管理をしていました。

蒲郡生まれの私も、人工のスキー場があったということは知っているのですが行ったことはありませんでした。まさかこんなかたちでお目にかかるとは!

ところが、おなじく蒲郡生まれのコバヤシ主任に聞くと「小学生ぐらいの時に連れて行かれてリフトがあったけどド怖かった」だそうです。

行ったことがあったとは、さすがコバヤシ主任です。

さて、この十数年の倉庫暮らしから復活したコードリール。これからは移動水族館などでバリバリガンバッテもらいますよ!
とぼねスカイランド!?_a0305077_1456644.jpg

by takesuiblog | 2014-03-01 14:59
たけすいの飼育展示スタッフのヨロコビとカナシミと愛しさと切なさとあれとこれと