人気ブログランキング |

カテゴリ:こばやし館長( 39 )

動くな~!

「まったりうむ」コーナーに、子供ウケをあからさまに狙った「カクレクマノミのすいそう」があるのですが、1ヶ月くらい前からこの水槽に「センジュイソギンチャク」というカクレクマノミが住居として愛してやまないイソギンチャクを入れました。

〇〇〇クマノミというのは、その〇〇〇によって好きなイソギンチャクが違います。センジュ、ハタゴ、シライト、サンゴ、タマイタダキ、などいろいろなイソギンチャクがおり、クマノミによって好みがあります。私は和モダンが良いわ、私はレンガ風、おいどんは高床式がいいでゴワス、拙者は合掌造りで…というような感じです(人間で言ったら)。

クマノミ達は水槽の中で、ウルサイ、入れ!といえば、まぁ入らないよりマシか、こんちくしょう。とか言ってしかたなくどんなイソギンチャクにもだいたい入るのですが、こだわりの高い子はカタクナに入りません。イソギンチャクに入ってこそクマノミなのに。イソギンチャクを無視して平然と暮らすクマノミは水族館の展示意図としてあまり成り立っていない感があり、むなしいです。

このようにクマノミとセットのイソギンチャクにもいろいろあって、カクレクマノミの場合、センジュイソギンかハタゴイソギンが適しています。

いままで、まったりうむのカクレクマノミ達にはハタゴイソゴンチャクを同居させていたのですが、先日、馴染みのお店からセンジュイソゴンチャクのでっかいのが入荷した、売れないから買って!!とせがまれて、優しいボクは笑顔で水族館に迎え入れ、ハタゴイソギンチャクは別水槽(まったりうむコーナー内にあります)でクマノミを展示するタケヤマ君にあげました。

センジュイソギンは個人的にハタゴイソギンよりもカクレクマノミに「映え(バエ)」ていると思われ、カクレクマノミ達はフカフカのじゅうたんの上で転がるようにイソギンチャクの中でそのライフスタイルを満喫しています。
ちなみに、ご存じかもしれませんが、イソギンチャクの中でタワムレルことができるのはクマノミ類だけで、他の魚は入れません。ズルいです。

「センジュイソゴンチャク」には欠点があり「動きやすい」ということです。ジッとしておらず、動くのです。イソギンチャクは目も鼻も顔も無いのに(口はある)何かしら彼らなりに考えがあるようで、動くのです。ハタゴイソギンも場所が気に入らないとやや動くのですが、センジュほどではないです。センジュはとにかく動くので扱いにくく、マニアたちからは嫌煙されがちです。
したがって、水槽内で動かれると「展示」としてはとっても困ります。

現在の水槽の場合、センターポジションにドカッ!とセンジュイソギンチャクがいて、キラキラの光の中で水流によってゆらゆら揺れてその周りをカクレクマノミが出入りして遊ぶ、というのがベストで狙った景観です。お客さんにも見えやすいし、安心安全文句なし。
このため、ある程度動かないような「プロの小ワザ」を使ってイソギンチャクに「そこでジッとしていなさい、動くじゃないぞ」というのですが、導入してしばらくは「わかりました」と言ってお行儀よくしていたのですが、先日からあっちへフラフラ、こっちへフラフラし始めて、その度に「おい、動くなっていただろうが」と来てはいけない方から本来いるべき場所の方へツンツン突っついたりして修正していました。
しかし本日、ヤツは決死の大移動を仕掛けてきやがって、センターポジションから大きく外れて水槽の向って左の壁に貼り付きやっがた。困る。

a0305077_10280085.jpg
「ここにいてほしい」の場所に本来いてほしいので、「ここにいてほしい」場所が現在ガラ空きでみっともない。
ひっぺがして元のセンターに戻そうとしましたが、抵抗が激しく、これまでの地味な突っつき攻撃もストレスとなり積もっているだろうことからあまり刺激しない方が良いと考え(あまり触るとストレスで死んじゃうので)そのままにしてあります。
センジュの旅が始まりました。明日はどこへ動くのか。早くセンターのもとの場所に帰ってきて欲しいです。

a0305077_10283163.jpg
横にいるナガクビガメのカメ太郎(メス・推定30歳)が、おいおい、動いたらダメだって~!と言っています。

現在の位置は、水槽カベの横から見ると「禁断のイソギンチャクの裏側」がアラワに見えて、恥ずかしい状態です。
吸盤みたいにくっついています。

a0305077_10300747.jpg

今はまだ横の壁なので「まだ」大丈夫ですが、前面のガラス一面に貼り付かれたら展示になりません。それは避けたいです。

ちなみに、イソギンチャクは飼うのが魚より難しいよ。ボクの中で飼育員の次に飼うのが難しい生物です。
ボクはだいたい3日に1回水を換えています。
開館前に30分で近隣水槽の水を最大4カ所同時進行で水替えします。水を抜いて水を足して。複数水槽同時進行水替えは、訓練されたプロが日々の作業の中で習得してなせる業で、ヘナチョコ飼育員にはできません。やると水が溢れたり、水が無くなったりするからです。

a0305077_10273126.jpg






















by takesuiblog | 2019-03-02 10:42 | こばやし館長

スイレンの植え替え

暖かくなってきており、なんだか意味不明にコーフンしている。
他のスタッフは花粉の猛襲にやられてかなりヘバっているけど、今のところ花粉症ではない僕は平和に鼻息を荒くしている。

春になると、桜が咲いて川はせせらぎ、風はおだやか、心優しく、民衆も笑顔、おばあちゃんも縁側でお茶を飲みくつろげるし、花粉さえなければいい季節になるのだが、ボクにとっては担当しているメダカが動き出すので忙しくそしてやっぱりコーフンするのだ。

1月のリニューアル時に引っ越した企画展スペースに強引かつ使命的に日本のメダカコーナーを作り、冬だったのでメダカは完全なるシーズンオフで維持が大変だったけど、暖かくなるとそこらじゅうの愛好家たちから展示しておくれ、と寄付メダカが集まるし、アシカショー裏でストックしている水族館のメダカたちも冬眠を乗り切って元気になるので展示は充実します。
今年も今月28日から愛知メダカ愛好会のスペシャルメダカの展示&そっくりそのままプレゼント企画や、5月4,5日の2日間は恒例の大人気イベント、館の前でメダカすくい等の超イベントを開催します。盛り上がりまっせ。メダカ飼育はおススメです。わからないことや飼育の仕方、殖やし方などなんでも聞いて下さい。

メダカと一緒に作業が始まるのは、睡蓮(スイレン)で、水族館入ってすぐのカブトガニやクラゲの次の水槽にエンゼルフィッシュたちの水景雰囲気再現で入れてあります。アトラクション、マンカラウボウ、オドラータとかいった品種の温帯睡蓮を維持管理しています。
a0305077_13193466.jpg

こんな感じ。

外のバックヤード管理スペースにも展示予備で睡蓮をやっているのですが、冬の間の越冬に耐えたので、本日、鉢内にはりめぐった根っこを整理して植え替えをしました。春に植え替えをすることによって睡蓮は夏に向けて丈夫に元気に育ち、根を張って花を咲かせます。

今日は朝から「今日はやろう」と決めていたので(やるのはかったるくて結構メンドクサイ)外のバックヤードで植え替えしましたわさ。魚以外にも他の生物や植物の管理なども結構あったりします。事務作業からの逃避行動としてわりと重宝しています。

外でウンコすわりしながら土いじりをする背中を見て後輩たちは、あの人この忙しいのにまたあんなところで何やってんだろう、という目で見てきたり、もはやいない物と見なされて無視する人もいたりして、そんな中で案の定、鉢内に根っこが張り廻りかなり窮屈そうな状態になった睡蓮を取り出して、土をほぐして余分な根っこを切ってスッキリさせたり株分けしたりしました。4鉢の睡蓮を植え替えました。
土下の茎が伸びてケース内で隅でつかえて壁にあたっているので(下写真参照)これを一度ばらして茎を切ってケースの真ん中部分に植え替えします。
a0305077_13243164.jpg

a0305077_13223099.jpg

































↑植え替え後はこんな感じ。
やり始める当初は非常に面倒で、チクショウ!とか言いながらやっているけど、だんだんと夢中になり、終わりがけにはボクのカワイイ睡蓮ちゃん!元気に育ってね!!っという愛着感と充実感・達成感になる。マイ・スィート・スイレンちゃん。

肥料も入れてお日様にあててあるので(失敗してなければ)またニョキニョキ新しい葉っぱを伸ばして元気に育つ(ハズ)!
屋外飼育でのメダカとの相性も抜群です。
a0305077_13413000.jpg

































by takesuiblog | 2018-04-04 13:49 | こばやし館長

工事をものともしない若手2人




耐震工事が館内館外すべての場所で粉塵をあげながら猛烈な勢いで進んでいます。元旦からの再オープンに向けて絶賛進行中なのですが、その合間をぬって私たちはコソコソすんません、すんません、といいながら作業をしている状態です。


工事で避難隔離したのは近所の岡崎の動物園に依頼したカピバラのみで、アシカも魚も水族館で継続して飼育維持しています。
アシカは工事から一番遠い場所におり、それほど影響がないのと疎開先が簡単にないことや移動のストレスのほうが大きいこと、魚たちはウチの魚は工事の音や振動には強い丈夫な子達なので神経質にならずに大丈夫ということです。


 それでも工事中はホコリや作業の邪魔になるので水槽にはすべてシートがかけられ、見えない状態になり飼育管理にかなり支障が出ています。

 ボクは昔から飼育管理と言うのは「観察」がもっとも大事なことの一つ。観察して様々な事に気づき、対処したり勉強したり、常に考えたりして生き物たちが快適に暮らせるようにしないといけない、と尊敬する当時最高の飼育展示テクニックを持っているといわれていたT羽水族館のAさん(現在は退職されています)にいつも押しかけて教わっていたので、水槽にシートがかかりロクに観察もできず魚の状態がよくわからん今の状態がかなりピンチ。というかイライラしています。

 はやーく工事終わらんかな、一秒でも早く水槽が普通の状態で見られるようになってしっかり管理できるようにならないかな、と思っています。シートをめくって無理矢理管理したり観察するとボワワン!とホコリが舞い上がってなだれ落ちて来たり、ウヒャァ!といって顔をそむけると、まわりに組んである工事の足場に頭をぶつけて発狂したり。正直かなり大変で気が狂いそうです。

 そんな中、ボクよりはるかに担当区画が多く(一番多いのかな)管理する魚の数も多くしかも経験の浅い最年少スタッフの鈴木まーくんと荒木ちゃんの二人は、まいにち淡々と黙って作業をこなし走り回り、非常に作業しにくい中、多くの魚たちにエサをあげて水を換えて、それが終わると再オープンに向けての新しい仕事を自主的に見つけて提案したりやったりして、時間になると「じゃぁお先にしつれいしまーす♪」といって帰っていき、二人とも一人暮らしなので家で自炊してテレビ見て風呂入って寝てしまうという、あ、歯も磨くね、という工事の雰囲気に飲まれずにうまくその場の環境に応じて動いており感心します。よくやってるなぁと思う。
肝心の魚たちも、弱ったり死んだり、病気になったりは今のところはしておらず、非常に優秀。オレのところの担当魚も見て欲しいくらいです。
長年飼育してきて自身のあるボクよりも困難な飼育管理状況の中一生懸命に飼育維持をしてくれており明らかにやりにくいのに文句も言わず頑張ってくれているので嬉しい限り。よくやってくれています。

 もともと鈴木くん(通称まーくん)は、解説に自信があり知識はないけどやれることを頑張ります!いろいろ覚えて役に立ちたいです!ということで、腰に爆弾を抱えているのですが、そのぶん自分は解説や他のところで先輩たちに無い物で勝負して腰の負担をチャラにする!というタイプで採用。現にカピバラショーでの解説や話しっぷりはうまい。腰も幸いそれほど思ったより悪くなっていない。
 荒木(美里ちゃん)は、育ちが良くて特にキビシイお母さんにしっかり大事に大切に育てられ、礼儀や責任感があり、知識はやっぱりマー君と一緒でまだまだだけど、何よりもいつも元気で楽しげで走り回り笑顔で魅力ある子。これだけで周りのみんなも明るく元気になれる。男ばかりの飼育員の中で唯一の女性飼育員なのにうまく溶け込んでみんなと仲良くしています。ヘタに中途半端な知識があり、たてついたり他の皆とうまくやっていけない、ということが全然ない。そんなこともありアシカショーに起用しました。そしてやっぱりしっかりショーを楽しげにこなしてくれています。ホントは魚担当希望なんだけど。まぁ魚も世話しているので魚とアシカを二刀流でこなす実はスゴイ子。

 二人ともどうかずっと楽しく、でも努力していろんな壁を乗り越えてどんどん竹島水族館で活躍してもらいたい。おじーちゃん館長は二人の成長がいつも楽しみじゃ。ゴホゴホゴホ。じぃじぃのぶんまでガンバッテおくれや。












by takesuiblog | 2017-10-29 16:40 | こばやし館長

監禁再発症と復帰トレーニング

工事によりカピバラは岡崎東公園動物園さんに疎開しておりますが、オタリアのラブちゃんはそのままタケスイで暮らしております。
ラブちゃんの暮らすアシカショーエリアは工事があまり入らないので、そのままでも大丈夫です。
お客さんはいませんが、毎日ショーの練習をしたり、獣舎から出て半日くらい広いショープールで気ままに泳いでいたりしています。

しかし、工事が進むにつれて大きな音が出たり巨大工事物体が近くを通ったりするので、そんな日は一日ショーステージには出ずに獣舎で過ごすこともあります。
もの凄くヒマそうです。


ヒマなときのラブは、その9割くらいをプールに沈んで自己流の瞑想活動に費やすので、たまにそっと様子を見に行くと一瞬死んでいるのかと思うことがあります。

a0305077_11443100.jpg
↑フラッシュで眼が光ってます。


気配に気づいて目が合うとプールから弾丸的に突進接近してステージに出たい!!と言ってきます。

「アンタヨォ、出たいのはわかるけど、外は大きな音するし、アンタ出たいクセにビビリなんだから、ムリだよ?」

と言うのですが、とにかく出たい。制止を無理やり振り切って強行的に外のショーステージに出ていき、大きな音や振動でビビりまくって動けなくなること数知れず。


そんなこんなで最近フラストレーションと多少の運動不足気味のラブ。動ける時はバンバン種目練習をしてもらい動かせて気分転換させています。
しかし、開館中は毎日何回もステージに出て1頭でショーを支え、フル回転だったラブ。やっぱりたくさんのお客さんの前で暴れ回りたいようです。

で、最近、また数年前の行動が出てきたのです。
「外に出してくれなきゃ、オマエも出さない!獣舎で一緒に遊ぶんだもん!!」
という一時有名になった「トレーナー監禁事件」です。獣舎扉の前に立ちふさがり、掃除のために入ったボク達を部屋から出してくれません。

数年前の事件からボクはエサで機嫌を取らないと、完全に獣舎扉を突破できないのですが、最近は美里ちゃんも監禁され、なんと彼女は獣舎の檻柵をよじ登って乗り越えて脱出してきました。美里ちゃんが運動神経のいい子でよかった。
そして、マツノ理事長も掃除で入った時に毎回出れなくなりかけています。。。


そう、マツノ理事長は先代のアシカのトレーナーでタケスイのアシカショーの基礎を作った人です。
理事長になり事務仕事がいっぱいでフラストレーションがラブと同じレベルで溜っているらしく、最近ショーに復帰すべくチョコチョコとラブに関わり始めました。仲良くなるには朝の部屋掃除から。その際、監禁されます。

先代のお利口アシカ「ナナ」と一緒に「やればモテルかも。」というアサハカな考えしかなかった何も知らないボクへ、アシカショーやアシカ類との関わり方を手取り足取りバッチシ教えてくれたのが当時ショートレーナー全盛だったマツノ理事長。当時は副主任でした。12年前のことです。
それが今、理事長に。ボクは館長に。

昔教えてもらっていた立場の人が館長になり、昔教えてくれていた今は理事長になった大活躍トレーナーだった人に、今ラブを使ってオタリアのショーを教える。
なんだかよくわからん立場アベコベ状態。両者敬語で厳粛にトレーニングに励んでいます。

しかし、スーパーアシカショーをやっていたマツノさんはやはり簡単にラブと仲良くなり、ショーの種目もラブの扱いもどんどん覚えています。アシカのナナとやっていた当時のマツノさんのショーは大人気でしたから、また出来るといいですね。

マツノ理事長がアシカショーに入ると、そのぶん理事長の事務仕事をボクが少し手伝わないといけなくなりそうな気配なので、逃げる準備をしています。



















by takesuiblog | 2017-10-03 11:51 | こばやし館長

メダカすくいイベント大盛況!!!

今年で3年目となる「愛知メダカ愛好会」さんとのコラボイベント「メダカまつり」が今年もおこなわれました!
雨男のワタクシは毎年、雨を心配するのですが、愛好会でありメダカ専門店の「葵メダカ」の天野さんがモーレツ最強晴れ男で、毎年いい天気に恵まれます。

開始前、愛好会(実はボクも愛好会の会員なのだ)は朝7時半の集合で準備をしていたのですが、すでにお客さんがチラホラ。8時過ぎには開始を待つお客さんで列ができて、9時のスタート前には開催エリアをグルンと巻くようにヘビ的行列ができました!さすが、大人気イベント!!

a0305077_11430501.jpg

水族館の方にも負けじとどんどん行列ができて大賑わいでした。入館者は2日とも4000人に届く勢いでした!過去最高でっせ!!

今回は、地元の三谷水産高校(なんと先生も!!)と、ボクが講師をしている浜松のルネサンスペットアカデミー専門学校からボランティアスタッフもたくさん来てくれて、すごく働きまくってくれてお客さんの案内や誘導もスムーズでした。わしゃ来年この世にいるのかどうじゃか、とかいう会話が飛び交う愛好会重鎮メンバーも適度に休憩ができて良かったです。

愛好会が繁殖したメダカや、セリで落とされた凄まじい数で用意されたメダカで構成されたメインイベント「メダカすくい」は2日目に終了時間を待たず早い時間でなくなり終了となりました。メダカすくい参加者はなんと1600人以上!!去年より200人以上も多い参加者でした。
販売ブースでも、高級メダカたちの売れ行きは上々で、メダカ文化の浸透・人気がよくわかりました。

a0305077_11433289.jpg

今年は14時から「めだか講習会」も館内アシカスタンドで行われ、お師匠様の一宮市、メダカ倶楽部クリークの堀田さん、岡崎市、葵めだかの天野さ両名による専門家の丁寧でわかりやすい解説講座で積極的に質問も飛び交い、大人気・大成功でした。

館内では引き続き、愛好会提供の改良観賞メダカ30種類の展示が29日(月)まで開催中です!飼い方や殖やし方も紹介中です。スタッフを見かけたら聞いてくれてもわかりやすく説明しますよ(とくに館長はね)。
期間中は「人気投票&プレゼント」も開催中です。気に入ったメダカの名前を書いて投票してもらえれば展示期間終了後に抽選で1品種1名様に投票したメダカをプレゼントします!
メダカは飼うのが簡単!発泡スチロールや100円ショップのケースなどでも飼えます!「ブクブク」もいらずに飼えるんですよ。金魚より手軽で簡単だと思います。これから暖かくなりどんどん繁殖しますし、エサもたくさんたべて元気に泳ぎまわります。大人も子供も楽しめます!ぜひ飼って癒されてください♪

メダカを簡単に飼うヒントは:
・痩せた魚は飼わ(買わ)ない
・できればいっぱい殖えている人に元気なのをわけてもらうのが一番
・専門店もいっぱいあるのでそこで買って教えてもらうのがいい
・わからなかったらウチの水族館のコバヤシ館長に聞く
・卵や赤ちゃんは親とはわけたほうがいい

などです。でひ飼って楽しんでみて下さい!
そして、守ってください!!メダカは絶対、川に逃がさないで下さいね!










by takesuiblog | 2017-05-07 11:44 | こばやし館長

2人が無事卒業しました。

スタッフのまーくんこと鈴木とミサトちゃんこと荒木の2人が卒業式だということでお忙しい中行ってきました。いや、別にいつもヒマなんだけどね。

2人は早期就職ということで専門学校に在籍しながら来れる日は来る!というボクなんかよりもよほどか忙しいハードな状態でたけすいに来てくれていました。「彼らなら大丈夫です!たぶん!」と学校の先生イチオシの2人なのです。「たぶん!」に若干の不安はあるのですが、まぁいいか。

彼らの学校には3年前から集中授業で10回にわたり毎週水族館の授業をしています。イチオウ先生なのだ。
毎年、卒業式ありますから来て下さい、と言われているのだが、そんなのどんな顔して行ったらいいかわからんし、そもそも集中授業10回しかやっていないオレの顔なんて毎日楽しくて色々なことがある学生たちはとうの昔に7億光年の銀河に忘れ去っておるだろうと思って、誘いを逃げていたのですが、今回は卒業生が2人も我がたけすいに勤めるので、そんだらば行かせていただきます。ということで、久々のスーツ姿で行ってきた。めったにスーツなんて着ないので753のようだ。チトセアメを持ちたい。


良い天気の中、浜松のにぎわう駅前のロケットの様な建物で行われた。「アイツラ、先生のこと大好きなのにシャイだからいつも話せないんです。そばに行ってあげてください。」と先生に言われて彼らに一番近い席に案内される。ほ~、オレって結構モテてたんだな。知らんかった。
しかし、来賓にしては席が卒業生に近すぎて「卒業生!起立!!」の時、一緒に立ってしまいそうだった。

卒業式は大学の自分の時ぶりで、なんだか緊張と感動だったが、雰囲気からなのか、なぜかボクの頭の中には終始、安室さんのキャンユーセレブレートが流れれており、いやぁ結婚式じゃないよね、と自分で思った。
専門学校にも校歌が正しくあり、みんなちゃんと歌っているのが凄かった。ボクは大学の校歌なんて知らないよ。高校の校歌もいまでは歌えないもん。


式後は授業を受け持った子といろいろ話ができてなんだか来てよかった。おうおう、生徒たちよ!オメデトウ!っと、金八先生モードになった。当然だれもオレのことを胴上げとかしてくれなかったが、なんだか青春でいいですね。
水族館に就職する子が結構多くて、成績優秀で驚いた。これからいろいろあるだろうけど、くじけずに前に進んでみんな頑張ってほしいです。たくさんの子が就職できるという事はたくさんの人が辞めているということなんだな、この業界キビシイな、と現実に驚く。ボクが大学の時は170人くらい学生がいてボクを含め2人しか水族館に入れなかった。それでも奇跡といわれた。


鈴木&荒木はこれから本格的に竹島水族館で働きます。

2人とも先生が推してくれただけあってイイ子です。
鈴木はすでにカピバラショーや解説で頭角をあらわし、いい味出してます。笑うと、ワタクシ根はやさしい男ですねん!的ビームが顔面から全面的に四方に放射放散される思わず抱きしめて頭を激しく撫でてやりたくなる愛くるしい男です。
荒木は今風女子で普段はオシャレ。礼儀がしっかりしていて、努力家。竹水初の女子トレーナーとしてアシカショーデビュー目前です。アシカのラブとも息があってきて、なかなかイイ感じです。

2人が日々成長するのが毎日楽しみでならん孫の成長を見守るジイチャン形態に入ってしまう私です。
2人ともよく勉強していろいろ技術を身につけて早くジイチャンを楽させておくれ。ジィジィは楽しみだよ。

新しい2人をよろしくお願いします。みなさんも館内で見かけたら仲良くしてあげてくださいね。みなさんとも2人が仲良くなって楽しくなれたらジィジィも嬉しいです。




                              
by takesuiblog | 2017-03-08 11:53 | こばやし館長

ピロリ菌とのタタカイ②

あけましておめでとうございます。
正月から水族館はやっているし、生き物を扱っているのでこの仕事に就いてからボンもショーガツもない生活スタイルをつらぬかざるをえない体制で、正月でも普通に昨日が今日になり明日になる、という感覚しかありません。なんだかさみしい。土日すら感覚ないものね。

今年も竹島水族館を盛り上げてみなさんが幸せになれる楽しい水族館にしたいと思っています。後輩たちの教育をしっかりやろう、ゆとり世代ボーイをハングリー水族館人に意識改革せにゃならん!と副館長と正月から話をしています。


さて、わが腹内で毎日正月気分で過ごしていたと思われる「ピロリ菌」が人間ドックによりその存在をあばかれ、大家さん(ボクのこと)は、怒って即座に撲滅体制に入ったのだが、腹の中で煙をたいていぶしだしたり、晴れた日に胃袋を洗ってベランダに干すわけにもいかないので、結局オフの日にお忙しい中病院に行った。めんどくさいよね。

診てもらったのはボクの結婚式のとき余興でジャズライブをしてくれたI先生。奥さんのお友達?なのだ。
診察をひどくされないようにワイロ的に先日発行された「竹島水族館の本」(風媒社)を診察の待合室に置いてもらうように持ってってサインして渡した。喜ばれた。
I先生は「おぉ、龍ちゃん、ピロリ菌がいるんだぁ」と、なぜか嬉しそうに言った。ピロリ菌についていろいろ教えてもらい、ガンのリスクなども知りややウロタエながら、3種類の薬が処方された。
薬を3種類(胃薬も含まれている)1週間忘れずに朝晩飲めば、6~7割の人が撲滅できるとやる気に満ちた笑顔で言われた。

ピロリ菌への感染は幼少時代に親の口からの感染が一番多いらしい。口移しで離乳食などを食べると、親から感染する。ピロリ菌を持った人と、大人同士で接触をしても感染する可能性は極めて低いという。これは小さい子はまだ胃の中の酸性度が低くピロリ菌が居つきやすい、大人は胃の中が強い酸性なのでピロリ菌は胃酸でやられてしまうらしい。
胃の中に居ついたピロリ菌は自分の周りだけアルカリのバリアを張って胃酸の強烈な酸性から自分の身を守っているらしい。すごい奴だなぁ。俺にもそんな能力がほしい。しかしその能力を持っていたとしてもはたしてそれが何に使えるのかわからないが。

その日の晩から薬を飲みだした。1回でも忘れると薬の効果が薄れるから忘れずに朝晩飲むように、と先生に言われたので、仕事は忘れても薬を飲むことだけは忘れずに雨の日も風の日も健やかなる日も病める日も水の入ったコップとともに助け合い、手と手をとりあい、励ましあい、笑いあい、薬を1週間飲んだ。

その間、仕事の帰りなどに本屋さんに立ち寄り、今自分の腹内で最大のピンチに直面しているであろうピロリ菌についての本を立ち読みしたりしていた。
気になったのは、ピロリ菌というのは全面的に悪さをするやつではなく、宿主(ヒト)が体調を崩したりストレスがあったときに結果的に悪さをする形になってしまう菌という傾向が強いということで、どうやらピロリ菌がいるだけでやばい、危ない、悪い、というわけではないらしい。なんだか誤解をしていた。悪い菌だと決めつけていてすまなかった、悪かった、という思いが強くなった。
ピロリ菌自体、悪さをしすぎてしまうと自分の住んでいる場所(ヒト)がなくなってしまうので(=悪さにより人が死ぬ)それは必然的に住む場所を失うことを意味する。自爆になってしまう。

ほとんどの寄生虫が普段はあまり人に悪さをしないらしい。寄生虫=絶対に悪い奴、というわけではないのだ。ともに歩みたい気持ちのものも多いらしい。しかし、人側のバランスが崩れたり、ストレス等により問題が起きるようだ。ボクはバカだからあまりストレスは感じないけど、館長をやっているとまぁいろいろあるんだよな。

薬を1週間おりこうさんに飲んだ。しかし、これといって腹に変化があったわけでもないし、身軽になったわけでも、なんの感覚もない。なにがどうなったわけでもない。

先生は1か月後に撲滅できたかどうか調べるので忘れずに来てね、といったのでもうすぐ病院に行ってきます。
by takesuiblog | 2017-01-02 17:36 | こばやし館長

ピロリとのタタカイ①

もう悲しくてつらいことは嫌だ、ということで、スタッフみんなで人間ドックを受けた。あるものは採血におびえ、あるものはバリウムに後ずさり、またあるものは人間ドックがあるなら人間キャットもあるのか!?と、わめき散らした。

結果、三ちゃん以外は何かしらどこか異常があるポンコツ部隊であると判明してしまった。
なぜあんな勤め始めた当初からカップ麺ばかり食べていてお肉も大好き、変態深海魚を食べてばかりいるグルメハンターが健康体でほかのメンバーが異常アリなのか。。。謎である。三ちゃんなんかカエルのエサのコオロギも食っているなんてウワサがあるくらいなのに…、そうか深海魚が体にいいのかな?たぶんそうだよ、魚は健康にいいからね。あとコオロギもか???

ワタクシは体内にピロリ菌がいることが判明した。自分の体の中に自分以外の生き物がいるということが明確にわかると、生き物を扱う職業の身としてはなんだかうれしかった。一人じゃないって~素敵なことね~という歌もある。古いね。
ピロリと聞いて真っ先に頭に浮かんだのは、N〇Kのテレビで昔やっていた「にこにこぷん」に出てくるペンギンのピッコロとネズミのポロリだった。かわいらしく愉快ではないか。カシの木おじさん、じゃじゃ丸はどこへ行った?
いや、ピロリ菌は悪いやつらしい。ピッコロはペンギンのほうではなく大魔王のほうだと思ったほうが良いようである。

体の中に悪いやつがいる、と思うと、そういえば何だかお腹がなんとなく以前から痛かったような、違和感があるような気がしなくもない。気になってそう思ってしまうのだろう。ピロリだろうとサルモネラだろうと毎日元気にご飯を食べてすぐ寝てしまえばクソになって便所に流されるだろう、と思っていたらそうはいかないらしい。
インターネットで検索すると、ピロリ菌はなかなかしつこく陰気で人でなしの悪いやつのようだ。人間にもいるよね、そういうやつ(後にピロリ菌は完全的に悪者ではないという事を知る)。精神的にもなんだか不安になったし、腹が立ったので、仕方がないので病院に行ってきた。

つづく。。。
by takesuiblog | 2016-12-22 17:43 | こばやし館長

本ができた!!

速報!!

ついに!!




「竹島水族館の本」

a0305077_14294551.jpg



ができあがり、本日ドドーン!と水族館に納品されました!!

竹島水族館のことが満載の、本の名前通り、まるっと1冊竹島水族館の本です!

気になる内容は、たけすい復活のヒミツや、スタッフがそれぞれ執筆したマル秘コラム多数、戸舘副館長によるタケスイ深海生物大図鑑、アシカ、カピバラ、サンゴなどにまつわる話、などなど、楽しさ満載!!

a0305077_1430947.jpg


いつかなにがしかの本を出す、というのは館長&副館長の長年の遠い夢でした。遂に実現しました!

a0305077_14302754.jpg


これを機に、月刊たけすい、週刊たけすい、などと手を伸ばし、創刊号は特別価格で特製バインダー付きで発行する!と副館長がほざくと、いやいや、毎回特製花柄エコバックを付録でつけよう!巻頭グラビアのトップバッターは総務の牧原さんでいこう!と館長がほざいたり、大変です。

実は完成までに主にメイン執筆の館長&副館長がサボりまくる、書かない、という原因によりかなりの時間を要したのですが、最終的に初めは穏やかで優しかった編集人のHさんが髪の毛が逆立ち、マユゲが吊り上り、驚異的ガニ股になり迫りかかってきたので、急いで本気を出して執筆し完成しました。入稿から完成までの期間が早いこと早いこと。


この「竹島水族館の本」は、12月3日開催の水族館60周年記念特大イベント「中村元の超たけすいナイト」にて先行販売開始します!
たけすいナイトではその他、特典満載!
とうぜん、かの有名な水族館プロデューサー、館長の師匠でもある中村元さんの軽快爆笑トークは必見です!!

お楽しみに!!!

「超たけすいナイト」情報・ご案内
http://www.city.gamagori.lg.jp/site/takesui/takesuinight.html
参加チケット残りあとわずか!お早目に!!

チケット購入
竹島水族館館内グッズ売り場、もしくはWEBチケット販売サイト「イープラス」にて!!
イープラス発券サイト
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002205334P0030001P0006
by takesuiblog | 2016-11-17 14:30 | こばやし館長

出港だぁ!

水族館たるもの、船の1隻や2隻持っとらんといかん!

という事で、昨今、どこの水族館もあんまり船なんか所有してないのだけれども、中古で手に入れた「たけすい丸」。
水族館からすぐ近くの港に浮かべておいたら、油断しているすきに船底に4千万280粒ほどもおびただしいフジツボが付着し、港から陸上へ引き上げ、フジツボ除去、船艇塗料の塗り直しに追われていた。
よし!フジツボ退治終了!と思ったら今度は台風の連続攻撃にあい、そのまま陸上長期係留となり、先日ようやく初出航となった。それも、いやいやな感じでテレビ取材のために。船で何か調査や魚の捕獲をして、スカウトした魚を水槽にデビューさせるところが撮りたいという。

立ち上がったのは、高校時代に免許を取ったもののそれ以来運転したことが無いワタクシ、釣りに行くと毎回奇跡が起こるという塚本、やる気まんまんの現在脱臼負傷中の竹山の3人。朝9時に集合。

沖へ向かうにはまず船のエンジンをかけねばならん。手漕ぎボートとはワケが違うのだ。しかしエンジンがかからない。ガソリンが無かった。無念。怒るテレビ局。
すぐにしかるべきところへ連絡をして燃料を入れてもらった。

しかし、エンジンかからん。壊れておるのか?燃料を持って来てくれたMさんに見てもらうと、そりゃかかるわけねぇだろ!安全装置にカギがささってないわ!と怒られる。エンジンをかけるのは通常のカギと安全装置のカギと2つあるらしい。なるほど勉強になるなぁ。不安がる塚本&竹山。

安全装置にカギを差し込むと元気よく簡単にエンジンがかかった。やる気に満ちた音を発している。おぉ。
ややビビる船長のコバヤシだったが、他の乗組員にはその気配を察せられてはまた不安にさせてしまうので隠れた。


アクセルレバーを前進に倒すと清く正しく本当に船は前進した。「わ、動いた!」と思わず言ってしまった。「そりゃぁ動くわ!気を付けりんよ!」と岸壁から見送る世話役燃料係のMさん。出港したのは結局11時すぎだった。
港を進んで、ぐんぐん沖へ出た。海は広いし大きいし、月はのぼるし、日は沈むくらいなので、車の運転の道路よりも操縦は楽で自由度が高い。

「どこに行きたい?」キャプテンコバヤシは船員たちに聞いた。
「いや、どこと言われても…、わからないっす!」と船員2名
「釣れるところに行ってください!」とややイラ立ったテレビ局。うーん、どこに行こう。


とりあいずの目的地は小学校の時に隣の家のオジサンの小型船外機に乗せてもらって連れていってもらった「三河大島の東側」にした。当時はそこでギマという基本的にフザケタ顔の魚が釣れた。早朝で眠かった記憶があるが、夜に母親が煮てくれて食べたそれは最高に美味しかった。

ポイントにつき「はい、開始してくださーい」とわたしは船員たちに告げた。乗合い釣り船屋の船長になった気分だ。移動中は進む船の風に吹かれ「気持ちいいなぁ!船サイコウ!!」などと笑顔だった塚本、竹山がすかさず本気になり竿の準備。糸をたらす。

a0305077_21433688.jpg


しかし、なかなか釣れない。まぁそうだろうなと思った。来る時に釣具屋でエサを買った時に釣具屋の店員に聞いたら、いまは何も釣れない時期だよ、もう少し早ければキス、ギマ、ヒイラギ、ハゼなんかいけたけどね。と自信に満ちた顔でなぜか嬉しそうに言われていたのだ。

釣れなかった、でも番組になるのかなぁ、なんて自分は釣らずに運転席にもたれかかってボンヤリ海を眺めていたらいきなり「おぉ!来た!!」と竹山が叫んだ。釣りをしているのに本人もまさか釣れると思っていなかったような反応と大きな声だった。真剣にやれよ。

海の底からクルクル回りながら上がってきたのはサバだった。すぐにテレビ局に撮影してもらう。
「任務完了。さぁ帰ろうか。帰港しましょう。」
「いや、ダメですよサバは群れる魚です!1匹いればまだこの下にはたくさんのサバがいますよ!」
後輩竹山に先に釣られてしまいあせる塚本が言う。
「そうですね!まだ釣れますよ!!これからですよ!!」
1匹釣り、がぜんやる気が出て叫ぶ竹山。

a0305077_2144260.jpg


しかし、それっきりサバはおろかカニやナマコすら釣れなかった。
「おまえ、この海の最後の1匹のサバを釣っちゃったんじゃないのか?絶滅だぞ!?」
「はい、、、すんません。」
などという会話をして、ポイント移動。次は数年前に塚本君が陸側から遠投してキスを釣った場所へ。今回は陸から投げなくてもポイントに着いたら船の上からポチョンと糸をたらせばいいだけだ。船って便利。

しかし、竹山が何を思ったか船の上から遠投、その勢いで糸がちぎれオモリと針だけが悲しく虚空を飛んでぼちゃりと海へ落ちた。仕掛けを失いうなだれ反省する竹山。
塚本も頑張ったが、ここでは何も釣れなかった。やはり時期が悪いらしい。

「船長!もう少し釣ってくれないと番組になりませんよ!」とテレビ局。えぇい、わかっておる!
再び場所移動。船の操縦にも慣れてきた。どこへでも連れて行ってやるぜぇ。
竹山、塚本の2人も釣っている時よりも波を突っ切りグイグイ進む船の移動の時の方が楽しそうだ。

次のポイントは最初に行った三河大島の北側。なんと先客船釣りのオジサンが船からプカプカ釣り糸を垂れている。そして何か釣れた。遠くて何が釣れたのかわからない。船長には接近する操船技術が無い。激突、双方撃沈は避けたいので、やや離れて釣り開始。

「釣れなかったら塚ちゃんが針をくわえて海から上がって来てくれればいいよ」と無責任な事を言う船長。それは嫌だと、本気を出して竿先に集中する塚本。
すると、間もなく「お!来たか?」と塚本君があいまいな声を上げた。
糸を巻き上げると、良いサイズのハゼが付いていた。
「あんまり釣れた気がしないっすねぇ。エサが無いかな?と思ってひきあげたら付いてました」

a0305077_21475274.jpg

a0305077_2148711.jpg


「ハゼも1匹いれば何匹もいます!絶対です!サバとは違います!」と鼻息を荒くする竹山。
しかし、その後、1匹も釣れない。
「おまぇらなぁ、それもこの海で最後の1匹のハゼだったんじゃないのか?絶滅作戦じゃねぇんだぞ」怒る船長。

しばらくすると「おお!来たか!?」と竹山の声。
同時に「え?あれ?」と塚本の声。

結果、塚本の仕掛けを釣り上げる竹山。うなだれる2人。怒るテレビ局。

その後、必死になって根性でスズキを2匹、サルボウ貝の貝殻1つを釣り、午後2時半。お腹もすいたしそれ以降まったく釣れないので帰ることにした。
スカウトした魚は展示デビューしています。

この模様は、19日(水)東海圏でメーテレ(名古屋テレビ)夕方の「UP!」にて放送予定です。
by takesuiblog | 2016-10-16 21:48 | こばやし館長

たけすいの飼育展示スタッフのヨロコビとカナシミと愛しさと切なさとあれとこれと


by takesuiblog

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
こばやし館長
トダテ副館長
三ちゃん
塚ちゃん
タケヤマくん
マー君
あらきちゃん
シブちゃん
未分類

記事ランキング

検索

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..

ライフログ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

動くな~!
at 2019-03-02 10:42
彼女は忘れてしまったようだ・・・
at 2019-02-08 15:27
ニオイ
at 2019-02-03 18:22
だいぶ大きくなりました
at 2019-01-06 16:25
新年明けましておめでとうござ..
at 2019-01-03 16:28

外部リンク

ファン

ブログジャンル

中部
動物園・水族館