カテゴリ:三ちゃん( 36 )

工事進捗状況

日々、工事は進んでいます。



現在の状況です。



外観は正面に囲いができ、周囲は足場が組み立てられています。これを見るとリニューアル工事をしているように見えますが、耐震工事です。もう一度言いますが、耐震工事です。どうやら、工事休館中であると知らずに来る方もいるようで、来て正面でショックを受けている方も見られます。来る前にちょっとだけ調べてね。HP見てね。その横で、なんちゃらGOなるものをやっている方たちもいます。再開したら水族館に入ってね。


館内は工事の関係上、一部の館内照明の電気のもとが切っているため館内は一部電気がついておらず水槽の照明だけが点いています(もちろん生き物たちの設備の電気はついています)。そんな中、工事関係者の方がスピーディーに作業を進めています。床も全床面に養生がしてあります。まだ館内では大きな工事音は響き渡っておらず静かなものですが、館内照明が外され、そろそろ始まりそうかな、という感じ。
時々、誰かの叫び声が聞こえます。うちのスタッフのようです。




各水槽について。

近海・熱帯海水魚コーナーは、水槽内の偽物の岩の擬岩が古くオンボロになっているため、すべての水槽ではありませんが擬岩と水槽壁面をくっ付けていた接着剤が剥離して展示生物が擬岩の裏に入り込み、行方不明になるという事件が悩ましくも長年続いてきていたため、長期休館中に直すべくスタッフによる修復作業が順次始まっています。
水槽が狭いため、屈んで腰は痛い(若いスタッフは平気なようです)、頭はぶつける、狭く無防備状態を狙った蚊の集団に襲われながらも進めています。補修後は展示内容の考え直しが必要です。


パクパクプールは、カメもまだ小さいため魚種の選定・増量を検討中。昔からある水槽で、理事長が入社時には既にあり、形状も変わっていない古株水槽。何か変化が必要。


淡水生物コーナーも一部の擬岩に隙間があるため補修中。あとは、展示内容の考え直しと、あれやこれや。


深海生物コーナーもオンボロ水槽で補修などのため色々と生物大移動を行っています。予備水槽は少し離れたところにあるため、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり。オープン時は、深海生物シーズン真っ盛りなので、そこへ向けて色々と動き回っています。お楽しみに。


カピバラペアは、工事に備えて岡崎市東公園動物園へお泊り中。皆さんご存知、お泊り中に予定より早くの出産があり、東公園さんは賑わっている模様。子供たちも順調に育っているようです。カピバラたちについては、今後進展があったらフェイスブックと共にお知らせします。お待ちください。


まったりうむは、工事の関係で水槽の移動をしている状態です。色々と見直しが必要です。


オタリアのラブは、工事の音に縮こまりながらも元気。大きな音がしたときには、部屋のプールから出てきませんが、落ち着けばいつものラブ。本来の部屋(展示部屋)のプール内の塗装が剥がれているため、予定では、キレイにしてあげれたらなと思っています。まずは耐震工事。


物置と化している水族館2Fスペースは、耐震補強の為に荷物を大移動。でも、出す場所もないため、少し移動させては工事をする、というやり方で進めています。工事が終わってもお客さんは入れないのですがね。


色々とオンボロで狭いため大変。あとは、お金もないので自分たちでやれることはやってきます。なんでも屋です。DIYです。



また、次は誰かが更新します。またね。

[PR]
by takesuiblog | 2017-09-18 19:44 | 三ちゃん

工事休館まであとすこし!

どうも。サンダです。

タイトルのように、耐震工事休館まで1ヶ月を切っております。早いものです。ね。
4ヵ月間のお休みとは長いですね。年内いっぱい休館。たけすいファンの方、常連さん方、今年の9月以降に来館を考えていた方など、ごめんなさいね、ちょっと待ってね。

耐震工事をやらないと、何かの拍子にバタンッドンッグシャッと潰れたら困りますからね。たぶん今なら、みんなで蹴れば倒れる気がする。それはやめてね。マジで。


休館に向っていますし、ブログ更新が全くできていないので、最近の近況でもお伝えしようかなと。

・アシカの仲間のオタリアのラブちゃんですが、気分の波が激しく、ハイテンションな時もあれば不安定な時もあり、野生動物らしくて良いですね。やりたくない時もあるわね。暑いもんね。プールの水も冷たくないもんね。ご飯のお魚は冷やしておくから我慢してね。そんなラブちゃんで良いのです。大好きだよ。
そして、若手アシカトレーナー荒木さんは、時々ヒェーと言いつつ頭を抱え日々奮闘してがんばっています。まだ謝罪ショーは未経験の彼女ですが、いつかその時が来るでしょう。何事も経験。館長と三田は十分すぎる程経験済み。副館長も。コツは笑顔と仏の広い心を持つことです。以上。

・カピバラたちは担当に聞くところによると、とても順調な様です。2頭の仲も良く、お互い鳴きあっているようで、担当者は嬉しくて時々鳴きまねをしているようですね。今度、鳴き真似聞いてみます。しかし、カピバラショーは安定とまではいっていないようで、謝罪で終わることもしばしあるようです。今のたけすいでは、謝罪ショーはカピバラショーの方が見れるらしい。担当の二人も頻繁に話し合っており、情報の共有はとても良いことです。鈴木くんの滝のような尋常じゃない汗が心配になりますが、本人は大丈夫、普通、四六時中のことと言っているので、あまり心配しないように、でも、遠くから様子を見ようと思います。そして時々、副館長と竹山君もエサやりをしているという情報が入っております。なにやら、竹山君はカピバラショーを超楽勝余裕でできると思っているとか。担当ではないのですが、デビューするのでしょうか。今後に期待です。
#カピバラ #謝罪ショー

・さわりんぷーる
 8月のお盆に入りましたが、まだまだ深海生物タッチングです。タカアシガニ(超特大)、ナヌカザメ、イガグリガニ、オオグソクムシ(ダイオウグソクムシじゃないよ)がレギュラーメンバーで頑張っています。現在、担当は副館長ですが、副館長の右腕として竹山くんがサポートで入り、タッチプール及び深海生物の扱いを勉強中です。タッチプールの内容は、突然変更になることもあるため、深海タッチングを目当てに来る方はお電話で聞いていただけると確実です。変更になる場合は、HPやフェイスブックで早めにご報告いたします。

・海水魚
新人の荒木&鈴木コンビががんばっています。そこを、海水魚担当経験者竹山がサポート。三河湾の生き物がやっと搬入されるようになってきたので、搬入日は忙しそうですが2人で図鑑と睨めっこしながら生き物の名前を調べています。先輩たちは名前もわかっていますが、教えません。自分で調べることが大切なのです。海水魚担当は、たけすいの中でも1番生物数や水槽数が多いためやることも多く忙し大変なのです。漁師さん、もっと持って来てください。

・淡水魚
今年の淡水コーナーリニューアル後、担当をしていた館長から塚本君へ担当が引き渡されました。やっぱり館長は忙しかった。また少しずつ塚本ワールドが広がっているようです。面白い新魚を今後期待。

・まったりうむ
サンゴ水槽が充実しつつ、他は現状維持といったところでしょうか。まったりうむ内では、昆虫展がやっており、なかなかの人気です。今では水生昆虫は見る機会が減りましたからね。特にお父さんや男の子が食い付いて見ています。お父さんと息子、親子の会話に困った時は、是非お越しください。

・クラゲ
現在は海で、クラゲ大量発生時期のためクラゲ水槽にも状態の良いクラゲが入っています。担当の竹山君はかなり試行錯誤をして、未だによく分からないとナゲキながら世話をしています。ご飯をあげる時に遭遇した方は、根掘り葉掘りクラゲのことを聞くと色々教えてくれますよ。クラゲは人気ですね。

・売店
館長&副館長による商品開発・仕入れが断続中。色々な商品が目白押しですが、やはりウツボサブレ、超グソクムシ煎餅は大人気大好評。煎餅は未だに皆で箱詰めをしています。売店店頭へはスタッフ全員(事務方も飼育スタッフも理事長も)で補充。みんな買ってね。

・お盆期間のナイトアクアリウム
17時から開始です。入館料は大人300円、小中学生はなんと100円。年パスで入館も出来ますが、新規購入、更新はできません。また割引クーポンも使えません。むしろ割引クーポンを使うと高くなります。館内照明が暗くなり、受付で各組1つの手持ちライトが貸し出されるので、暗くなった館内をライトで照らしながら楽しんで頂けます。もし、17時前に入館されている方は、そのままナイトアクアリウムを楽しんで頂けます。その際は受付にライトを取りに来てくださいね。ライトで人の顔を照らすのはダメですよ。たけすいスタッフを見つけても顔は照らしちゃィヤ~よ。照れちゃう。ウソ、目に良くないですからね。

・たけすい名物手書きポップ
随時増殖中。各スタッフが時間がある時に書いていますので、ゆっくりですが増えています。あの生き物のポップを描いて欲しいなどのリクエストもOK。


・館内混雑状況
本日までの状況としては混んでいます。混んでいます。ただ、チケット購入・入館制限は今のところありません。が、混んでいます。
アシカショー、カピバラショーは激混み状態で、ご迷惑をお掛けします。とくにカピバラショーは館内奥の極小スペースで行っているため、お早めにお越しください。ごめんなさい、アシカショーも極小スペースでした。どちらも狭いため、譲り合ってご覧ください。できれば、小さなお子様は前方へ、肩車や抱っこはご遠慮ください。アシカショーは立ち見席となっておりますので、ご協力をお願いします。ショー前に、ご案内しますが、ご協力をお願いします。
もっと、広ければな…。




このような感じです。



さて、なかなかブログが更新されない為、次の人にブログ更新を振ろうと思います。




次に更新するのは




まー君こと鈴木くんです!

水族館休館までの間、ブログ月間となります。

休館まで少しですが、毎週1回はブログ更新です。ブログを楽しみにしていた方、ごめんなさい。そして楽しみにしていてください。

では、また来週~。

[PR]
by takesuiblog | 2017-08-12 20:36 | 三ちゃん

更新頻度が少なくて、ごめんないさい

これまた、ブログの更新率がよろしくない。ブログの更新を楽しみにされている方達、すみません。スタッフみんな隙を見つけてブログやフェイスブックを更新していますので、もっとがんばって更新頻度を上げて行こうと思います。これほど、色々な生き物がいる職場で働いているので、毎日何か発見や喜び感動、驚きがあるはずなので、たけすいスタッフのみんなブログネタはかなり貯まっているはずです。ご期待ください。



すっかり寒くなって、冬恒例の強風日が増えてきました。蒲郡の冬は毎年強風で、スタッフみんな飼育事務所に戻ってくると、サラサラヘアーも激しく靡き髪バサバサ。でも日中は陽が差していると温かく感じますね。、まだまだ、寒さはこれからでっせ。あー寒いの嫌。


さて、先月深海に切り替わった“さわりんぷーる”は絶好調大好評で、100匹のオオグソクムシを見て、皆さまヒーヒー叫びつぶやきながら、触れ合いを楽しんで頂いているもようです。ナヌカザメやタカアシガニも触って頂く皆さまが優しくお触りしていただいているようで、ご飯も良く食べています。担当者としては、本当にものすごく嬉しい。しかし、強引に触っている場面に遭遇したら、優しく厳しく注意しちゃうぞ♪優しく触れよ。


さわりんぷーるには表示してありますが、みなさんに幾つか気を付けて頂きたいことがあるのですよ

①全部の生き物は、水の中でお触り
 →館内の温度を来館者の方達が寒くないように設定してあるため、冷たい温度で暮らす深海生物には温度差がありすぎてダメージ大大大。そしてさらに負担を減らす為にも、呼吸が出来る水中で。

②口に手・指を入れない
→入れたら、そりゃ噛みますわな。ご飯とも思う事もありますわな。マジ、痛いですよ。血出ますよ。自己責任で。

③引っ張り、持ち上げない
→知らない変なオッサンに引っ張られたら誰でも嫌ですよ、うんうん。
サメは暴れるし酷ければ噛むし、カニは足が取れます。要注意です




他にも、ありますけど、あとは来館時に。


生き物たちには長生きしてほしいし、来てくださる皆さんには怪我なく楽しんで頂きたいので、守って貰えると
有り難いです。







お待ちしておりまーす。
[PR]
by takesuiblog | 2016-12-06 20:34 | 三ちゃん

お待たせしました!さわりんぷーる深海化!

みなさん、お待たせしました!さわりんぷーるを深海バージョンに切り替えました。

a0305077_171718.jpg


今シーズンは深海タッチメンバーのイガグリガニが、なかなか搬入されなくて数が集まらなかったので先発メンバーには入っていません。ウキウキ、ワクワク、メラメラで来られるイガグリガニファンの方達、ゴメンナサイ、まだ、お触りはできません。許してちょんまげ。凄腕漁師さんから搬入され次第、タッチングメンバー入りしますので、もうしばらくお待ちください。


その代り、たけすい人気生物で煎餅にもなっているオオグソクムシが大量に入っています。大量です。


a0305077_170263.jpg



触りたい放題で、大量でオオグソクムシまみれ。総勢100匹。
100匹入っているから、気持ち悪いとか言わないでね。ボクも気持ち悪いと思うけどw


今回の、深海さわりんぷーる先発メンバー


・不味さ、気持ち悪さ絶大!大量オオグソクムシ
・メタボじゃないけどメタボ腹。ナヌカザメのトリオ
・白い貝。ボウシュウボラ
・館長の指を挟んで悶絶させたことがある世界最大級のカニ。タカアシガニのコンビ
・その他+α(そのつど、入れ替わります)

a0305077_1715931.jpg


a0305077_1721890.jpg


そして、さわりんぷーるにオオグソクムシ100匹入っていますが、通常展示水槽には約200匹のオオグソクムシが展示されているので、今のたけすいでは、約300匹のオオグソクムシを見ることができます!これは、他では見れない!

更に、さわりんぷーる裏の小窓水槽も全て深海生物へ入れ替わっています。


もう11月も終わりですが、深海生物の季節はこれからです。







大人気のカピバラショーもお客さんのクスクス笑いを取って順調のようで、カピバラ王子でカピバラ使いの塚本くんとカピバラ王子になりたい鈴木くんのトーク術がビッカビカと磨かれ今後も期待です。オタリアのラブでショーデビューを狙っている荒木さんも、スランプに陥りながらもイイ感じでデビューに向けて成長中で頑張っています。



さんちゃんでした。バイバイ
[PR]
by takesuiblog | 2016-11-26 17:02 | 三ちゃん

ドン引き

今日は午後のアシカショー担当です。

気温も上がりオタリアのラブも暑がっていて、体を触るとホットオタリアになっています。

このクソ暑いのに、ラブもよく頑張ってやってくれています。ご褒美にアイスでも買ってあげたいくらいです。



13時半のショーは、暑いけどやるぞ!っていう表情をして、しっかり動いてやりきってくれ、無事終えることが出来ました。よくやった!よーしよしよし!ほれ、ご褒美だ!

目を見開いて食べます。ご褒美たくさんイイネ。




15時のショー。明らかに、私やりたくない。動けない。あぁもうダメ。目も開けられないわ。体がぐねぐねしちゃう。って顔。

コノヤロウ。



ラブとの心理戦突入です。大好物をチラつかせながら、ギリギリを責める。褒める。ヨイショする。

心理戦に勝つと、ラブの目にメラメラとやる気が出てきて、動きもキレキレになり、魚臭い息も勢いよく吹きかけてくれます。最高ですね。しかし、心理戦に勝てないと惨敗。お互い負けなければ、動きにキレが無く、種目をやるだけマシ。腹の底から出てきたような淀んだ暖かい臭い息を吹きかけられ、ヒドければ帰宅拒否。飼育スタッフからの、「お疲れ」の一言に救われます。


今日は、お互い負けず引かずの戦い。キレが無いけど、ヤリキル。暑い中、まあまあ頑張ってくれました。今回、途中からお客さんの雰囲気がガラッと変わったのが、感じ取れました。、ショーが終わるまで原因が分からず。

終了後に判明。

ボクから見えないところで、そっとウンコをしていたのが原因でした。カワイイものじゃなくて、しっかり、どっしりと。気づいていれば話でなんとかなったけど、気づかずにそのまま進行しちゃね…。

こりゃ、たしかに雰囲気変わるわね。そりゃドン引きするわね。



不完全燃焼。
[PR]
by takesuiblog | 2016-07-28 16:23 | 三ちゃん

おかげさまで、賑わっております

とても嬉しいことに、平日でも館内はお客さんで賑わっている日が多くなっています。来館される方の中には、「平日なのに混んでるわよ!きっと何かイベントがあるザマスよ!ザマス!」と、言いながらドデカイ声で話しながら入館される光景もしばしば。


平日の混んでいる日は、10年前の土曜日くらいの混み方ザマス。そうザマス。

今日、来られた幼稚園の先生も言っていましたザマス。「昔は、うちの園児で貸し切りだったのにザマス」と。


本当、ご来館ありがとうごザマス。




これだけの方たちに来ていただくと、色々なことを耳にします。




・まだ水族館やっていたんだ
→過去に閉館の危機もありましたが、やっています。最近、テレビや新聞などで取材していただいています。ありがとうございます。


・このアザラシすごいね!
→アシカだ!

・このオットセイ賢いね!
→アシカだ!!

・このオタリアって何?
→アシカの仲間だ!



・ダイオウグソクムシだ!小さいからダイオウの子供だね
→全っ然っ違うっ!竹島水族館で展示・触れ合えるのは、国内最大級のグソクムシ仲間のオオグソクムシ!ダイオウグソクムシは海外産で世界最大で超高級。


・館長はお父さんお祖父ちゃん世代の人。
→館長=オジサン。うちの館長、全国的に見ても若いよ。オッチャンたちに交じってメダカを愛でているけど若いよ。ピチピチだよ。


・タカアシガニに触って「これ生きてる!」。
→あたりまえだろ!あ、失礼。タッチプールにいるから生きているのは当前です。たけすいのタッチプールは生きている生き物と触れ合えます。


・なんでも食べる飼育係がいるんだね!キモー
→なんでもは食べないけどね。キモイですよねーボクもそう思う


・トダテさんとタケヤマ君の2人が仕事で出かけると、先方の方はタケヤマ君を見て話すらしい
→先輩であり副館長なのは、スマートメガネの方です。タケヤマ君は、やたら貫録はありますが、最年少若手なので、皆さま、お間違えの無いように。



と、まぁそんな感じで今日も賑わっていました。



最後に、今日は副館長がお客さんに囲まれていました。みんなで、ウツボを眺め愛でる会かと思ったら、餌やり解説をしていました。

a0305077_1941147.jpg

[PR]
by takesuiblog | 2016-06-15 19:48 | 三ちゃん

最近のアレコレ

少しずつ気温が上がってきて、晴れた日のアシカショーが熱いです。これから直射日光にジリジリと焼かれ、海水やアジの脂で潤っていた肌が黒くなっていく日々が近づいています。全国でも珍しい現役でアシカショーのお兄さんをやっている館長とボク、どちらが先に黒くなるのでしょう。既に、暑い日は気温30℃まで上がっているのですが、ほんとイヤですね。暑いの、イヤですね。サンダです。


アシカショー活躍中の、オタリアのラブも最近は良好状態です。今は、まあまあイイ感じで、たまに手を抜きながら頑張って「ほら、見て!私頑張っているわ!もうこれ以上の頑張りは無理よ!早く、ご飯をおくれ」な、アピールがありますが、顔を見れば「メンドクサイわ。適当にアピールしておこうかしら」的な表情が見え隠れしてムカつきますが、人間だって同じような事を考え、楽をしたいと思うから仕方ない。しかし、それはそれ。これはこれ。ご機嫌を取りつつ、ラブも頑張っています。


そして時々、ボクの時のショー終わりに帰宅拒否をします。困っているボクをよそに、ラブ本人はイタズラをして、困り果てているボクを見てテンションが上がり、飽きると優雅に泳ぎだす。そんな、困っているボクを常連さんは見てニヤニヤしているとか。

ラブが元気で楽しいのならそれでイイんです。毎日、ショーを頑張ってくれているからイイんです。





もう一つの担当、深海生物も展示充実中です。

現在の展示種類数も100種類以上を維持していて、凄腕漁師さんからもレア種や名前不明種もやってきています。だいたいは、前任の副館長に聞けば分かるのですよ。トダテさんすごいでしょ。でも時々、分からない種類がやってきて、図鑑で調べても副館長に聞いて分からない。そんな時は、飼育事務所にある、載っているであろうボロボロに使い込んだ深海生物図鑑の全部に目を通すのですが、これまた時間がかかってメンドクサイけど楽しいわけですね。



まだまだ展示深海生物100種越え中です。

さわりんプール(タッチプール)の生き物も冬季versionの深海生物のままですが、館内の気温上昇にともなって、触る時は水中から持ち上げて出さずに、水の中で触ってもらうようにしています。タッチプールの水温と館内気温の差は深海生物にとっては相当なダメージです。

触る時は気を付けてあげてください。ご注意を。

更に、さわりんプール裏の小窓水槽は水槽数20個なのに展示生物の種類は水槽数の倍以上となっております。これだけの種類数をまとめて見られるの他では、なかなかできない。たけすいならではです。





竹島水族館オリジナル「超オオグソクムシ煎餅」も売れ行き好調!大好評です!


a0305077_2028618.jpg









最近はブログ更新がかなり減っており、館長も「これはイカン」と言っているように、本当にイカン状態ですね。ごめんなさい。ブログ更新を楽しみに待っていてくれている方、ごめんなさい。忙しいという言葉は、誰にでも言える言い訳になってしまうので、これからはもっと更新率が増える事でしょう。そうします。スタッフみんなで更新します。館長や若手ばかりが更新しているので、次の更新は、ボクかトダテ副館長かクワヤマサンです。






おっと!1つ告知です。

6月1日(水)からは、「クイズラリー」が始まります。塚ちゃん渾身のクイズです。館内中に掲示してあるので、是非チャレンジしてみてください。
ただし!回答用紙はありません。景品もありません。もし、答えが分からねぇぞ!コノヤロー!という時は、館内で飼育スタッフをつかまえて聞いてください。塚ちゃん指名でもOK。





明日は火曜日で休館日です。

ではでは。

休みだ~
[PR]
by takesuiblog | 2016-05-30 20:31 | 三ちゃん

今年もあとわずか。ラブ絶好調です

今年もあとわずかです。このセリフ、色々なところで目にしたり聞きますね。


さんちゃんです。

本当、あと一週間もしないうちに新年です。





今月から担当がわちゃわちゃと替わっています。フェイスブックを見ている方は、ご存じですね。だから、展示内容も少しずつ変わったりもしています。





海水魚にはー、メガネ命トダテ副館長!パチパチパチ!ウキウキ ワクワクで舞い戻ってきております。

舞い戻ってきて早々、冬休みとお正月に向けてという事で魚たちの展示水槽の移動を行っていました。今月来てない方は、たけすいに来て、ご確認を。
そのサポート兼勉強で、カブト・クワガタ命 ボクの血液は樹液だ!の竹山君と、カピバラのそらちゃんは僕の娘です!キャワイイすぎて僕の全てです!の塚本君です。





カピバラには、そらちゃん命の塚本君と、サポート担当にコバヤシ館長&トダテ副館長コンビ。

うみ君がいなくなってから空いていた部屋に そらの移動完了。サポートの2人はアシカとは違うカピバラのマイペースさに困惑モジモジしているもようです。館長は、ラブの担当でもあるので、他2人が休みの時は、大忙しです。副館長は毛のある動物は怖いとつぶやいてます。





深海には、もじゃもじゃメガネの僕、グルメハンターさんちゃんが何年かぶりに舞い戻ってきました。サポートに館長と深海エリアを長年担当してきた副館長。
担当をしていたのが何年前だったか忘れるくらい前なので、いろいろ思い出しつつ、サポートしてもらいつつ、機会があったら試食しつつ、今シーズンも展示100種目指します。




カブトガニとオウムガイには、育児と仕事の両立で忙しいクワヤマ飼育主任!ドドドンッ!カブトガニに舞い戻ってきました。甲殻類や貝類といえばクワヤマさん。
なんで、そんなに分かるの?というくらい種類の区別がつくので、きっと他の人たちと目が違うのでしょう。そして、実は、竹山君がオウムガイが気になって夜も眠れないでいるとか、いないとか…。





アシカは変わらずですが、トダテ副館長はラブを扱うことができないため、しばらくアシカ休止状態。でも、いつ来るのか分からない次のアシカには、メラメラとやる気が燃えているもようです。やりたがっとる!という噂有り。アイがいなくなったことで、ショーもアシカにも、しばらく触れ合っていないため、アシカが恋しくなってきたらしい。

ショーと練習は、館長と僕でなんとかやっております。



その、オタリアのラブが絶好調です。絶好調すぎて部屋に帰りたくないと申しております。



種目はやるんです。


でも、解き放たれたラブは自由に泳ぎ、走り、道具を振り回し、ダメと言われたことをやり続け、暴れ回り、狂ったように暴走して、なんて楽しそうなんでしょう。こうなると、解き放たれたラブの心はしばらく帰ってきませんね。

一緒にいる僕は、魚臭いエサの入ったバケツを握りしめ、手がかじかみながら、「帰りますよ」と優しく言葉を投げかけるけど、ラブの心には届かず響かず、そのまま暴れ回ります。


次のショーがあるので、道具を持ち逃げ破壊されないように渋々片付けて、ラブが満足するまで待ちます。

最初は、本当ムカつきます。けど、今では怒りも無く、仏の心で広い心で見守ります。ただただ見守ります。

怒るのも早々に諦めただけなんですけどね。



子供心を考えれば、ラブの遊びたい気持ちも分かるし、嫌々でも相手をしてくれていたアイも夏には居なくなってしまったわけですし。




ステージで自由にして帰らない時、ショーを見ていたお客さんも、新たに来た方も、しばらく一緒に見ているわけです。でも、今の時期は、寒いからみんな館内に戻っていき、自販機で暖かい飲み物を飲むのです。「あぁ・・・温かいもの・・・」なんて横目で見ながら、ひたすら見守ります。




見ていなければいけない1つの理由として、お客さんがラブを触ろうとするためでもあります。
アシカとお客さんの距離も近いし、わんちゃんみたいに、ナデナデ~ヨシヨシ~良い子だね~って触りたくなるのも分かるんですけど、「獣」なわけですね。もし噛まれたら、出血間違いなし。噛まれて、やったねー!なんて喜ぶ人はいないでしょう。

せっかく水族館に来たのに、ケガをして痛い思いをされたのでは、申し訳ないではすまないですから。


だから、僕らはわんぱく娘ラブとお客さんを見ていなければいけないわけです。










体重もかなり増えて80㌔越え。すでに力では勝てなくなってしまいました。
80㌔の毛の生えた筋肉の塊が、暴れまわれば僕らじゃ敵わん。1度「帰らない!」と言い始めると、遊びモードに入ってしまう。たまったもんじゃない。






少し練習をすると満足そうに素直に帰ることもある毛の生えた筋肉の塊、ラブちゃん。体を動かすのが、ほんと好きです。

満足と遊びモードの境界線を見極めるのが、これまた難しい。






好きな種目、ノリノリで気分上々な時、暴れ回っている時のラブは、瞳がキラキラしているんですよ。


アシカショーとして見た時の絶好調とラブちゃん的絶好調。最近は、かなり波があります。





お正月に向けて調整していきたい時期に、帰らないとか、暴れ回るとか、ほんと不安です。
そこを立て直すのが担当者の役目ですね。がんばります。

自由に暴れ回っているラブも、のびのびしていてイイですけどね。





今年も明日で最後の開館日。お待ちしております。


皆さま良いお年を。
[PR]
by takesuiblog | 2015-12-27 19:34 | 三ちゃん

アシカたちの違い

暑いです。毎日のようにアイスクリームが食べたいです。知覚過敏だけどアイスが食べたいです。




カリフォルニアアシカのアイと、オタリアのラブの違い

【アイ】
・常に目が半開き、または開いていない

・鼻水と食べカスを飛ばしてくる

・全力はイヤ

・臨機応変にその場で上手く対応してしまう

・物覚えがかなり早い

・飽き性

・1人でいるのが好き

・子供達にペチペチ叩かれても怒らない。ある程度は我慢してくれる。

・俊敏な動きが苦手

・手抜きが上手

・嫌になるとプールに逃げ込む

・逃げ込み後、やる気がないとトレーナーから一番遠い場所で丸太のように浮いて、バカにした表情でこちらを見てる。

・やる気があると、拍手の音が大きい

・やる気があると、目が全開

・やる気があると、アイなりに機敏に動く

・やる気があると、足踏みをする

・ご飯が大好き


【ラブ】

・だいたい目が全開だが、たまに半開き

・クシャミはするが、鼻水はあまり飛ばない

・臨機応変に対応しようとするが、だいたい違う。でも全力でやる。

・物覚えは早い方ではない

・好きになったことは、長くする(遊ぶ)

・1人よりも誰かと遊びたい

・子ど達どうこうの前に、知らない人は怖い人見知り

・基本的に俊敏に動く。突発的にも動く

・手抜きが下手で、あからさま

・嫌になると(集中力がなくても)、手抜き→勝手なことを始める→ショーの道具を持ち出し暴れ始める→トレーナーのいう事を無視→やる気を出したと見せかけて、ご飯だけ貰おうとする→部屋に帰らない、いう事を聞かない

・拍手は音がでない

・やる気があると、目は常に全開、激しく足踏みをして、基本前傾姿勢

・ご飯よりも遊ぶのが好き

・テンションが上がると、トレーナーでは収拾がつかなくなる




こんな違いがあります。






今日午後のラブは、10個目の状態でした。


以上。
[PR]
by takesuiblog | 2015-08-03 17:56 | 三ちゃん

カピバラ、GW初体験

今年もGWがやってきます。今年は、最大で十何連休だとか。


ウラヤマシイ。


連休は、どこに行っても人ばかりで、運転手役のお父さんは荷物抱えてベンチに座って抜け殻のようになって口から魂が出かけていたり、お母さんは言う事聞かないガキンチョの監督で疲れ果ててシワが増えていたりと、連休の大人は大変だなッなんて思います。

子どもは無邪気でいいな~



どうも、さんちゃんです。










さて、カピバラがやってきて1ヶ月半近くたちました。

現在のカピバラ状況報告しましょう。




メーンお世話係は、「うどんがスベテ、うどん風呂に入りたい、うどんがあれば世界は平和になれる、ボクの血液はうどん汁だ」の、塚本。



彼は、毎食うどんでも生きていける省エネ飼育係。鼻から、うどんを食べるのが趣味だったかな。違うかもしれない。

とりあえず、うどんって言葉を出せば上機嫌です。




そして、一緒にお世話をするのが、クワヤマサンとボクね。

カピバラっちゅうのは、ネズミなだけあって歯が伸びるのが早いようで、伸びすぎないように削るため、すぐに何かを噛もうとするので、新カピバラ水槽の中は、噛み壊され始めています。

エロくて、髪が伸びるのが早い人と、どっちが早いのでしょうか。


そんな壊された時は、“何でも屋”のクワヤマサン登場。
桑山工房なんて肩書きがある程なので、ある程度の事は直してくれるという、とても心強いのです。水槽屋さんに「壊されたから直しに来て」と連絡したら、忙しくて時間が無いから自分でやってくれと、材料が送られてきたそうで、直していました。スゴイ。

たまに、大工がいるかと思います。




そんな2人にボクは、トレーニングっちゅうのはだね~、なんてエラそうに言いながらアシカで学んだことを伝えて芸を仕込んで、3人であーでもない、こーでもない、お前のメガネはあーだの、ヒゲはどーだの、うどんばっかり食ってるから白いんだー、などと言いながらお世話をしております。

カピバラとアシカって違い過ぎてよくわかりません。






現在の2頭、

オスは最初から、「人間なんて平気だぜ、どこ触られても気にしないぜ」的にボディータッチ~アシカトレーニングを応用したちょっとした芸もいくつかできるようになってきて、うどん塚本も余裕ぶっこくぐらいでしたが、ある日急に“全てが恐怖”という態度に急変。マイナスの状態からやり直し。ナンナンデスカ。

最近は、だいぶ戻ってきて、日中は、昼からビールを飲んだオッサンのように横になって寝るようにもなりました。かなりダラシなく見えますが、ビール腹じゃないし御愛嬌。

徐々に元に戻りつつあるオス。早く、あのふてぶてしかった本調子に戻っていただきたい。



メスは、来館初っ端からビビリ全開で人が近づくと、「もうダメだ、この世の終わりだ」というような表情で、逃げ回っていたのが、今ではオスよりも色々と出来るようになり愛想振りまいて、塚本に「ゴハンでちゅよ~食べちゃいたいくらい可愛いでちゅね~」なんて言われながら溺愛されています。

女は肝が据わると強い。女は強し。




で、カピバラを見に来る人たちを見ていると、色々間違ったことを言っている人たちが多いようです。



・カピパラがいる~

バとパ、間違えるかもですね。これは結構多いです。




・ビーバーだ!

イメージ的に似ているのかな。




・デカッ、手に乗る大きさかと思ってた!

いや、一応ネズミ最大種です。みんなモルモットくらいと思っているようですね



・この前、川で見たよ

それはヌートリアという別種のネズミで、移入種です



・毛が柔らかそう

いやいや、ゴワゴワです。触らずに良いイメージのままでいましょう




・竹山さんかな~でも、見た目若いよ

いえ、彼は塚本です。冷凍うどん麺を見せたら喜びます。




・ニラ食べるんだね

ニラではなくて、生の牧草です。上等品です。ニラに見えますけどね。




・オジサンがエサあげてるよ

まだ、お兄さんと呼んでください。




・見て~ワタシのこと見てる~こんにちわ~

たぶん見ていないですよ。あ、失礼。








などなど、聞いてて面白いです。






さて、明日からGWが本格的に始まります。館内は混雑すると思いますけど、是非遊びに来て下さい。
[PR]
by takesuiblog | 2015-04-28 21:33 | 三ちゃん

たけすいの飼育展示スタッフのヨロコビとカナシミと愛しさと切なさとあれとこれと


by takesuiblog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
こばやし館長
トダテ副館長
三ちゃん
塚ちゃん
タケヤマくん
マー君
あらきちゃん
未分類

記事ランキング

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..

ライフログ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

【閲覧注意】水槽の中の珍客
at 2017-10-08 15:32
監禁再発症と復帰トレーニング
at 2017-10-03 11:51
工事進捗状況
at 2017-09-18 19:44
カピバラ出産当日の激闘~塚本..
at 2017-09-13 18:32
私の夏休み
at 2017-08-20 18:38

外部リンク

ファン

ブログジャンル

中部
動物園・水族館